出展者情報

東京薬科大学生命エネルギー工学研究室

私たちの研究室では、自然環境中にひそむ有用微生物を探し、それらがもつ未知の力を発見する研究を行っています。
そんな微生物を利用した田んぼ発電や水をきれいにする微生物燃料電池を展示し、普段の生活の中での働く微生物の力を身近に感じていただければいいなと思っています。

出展内容の分類

  • 生物多様性
  • エネルギー・発電
  • 廃棄物処理・リサイクル
  • 研究・学術成果発表
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署
住所 〒192-0355
東京都 八王子市堀之内1432-1
電話番号 042-676-7079
e-mail
英文社名 TUPLS BIOENERGY LABORATORY
今年の田んぼ発電の様子です。

事業内容

生命エネルギー工学研究室では、自然環境中にひそむ有用微生物を探索し、それらがもつ未知の力を発掘する研究を行っています。新しい微生物の能力を発見し、我々の生活に役立てていきたいと考えています。
地球温暖化や原発事故は、我々が生活に使うエネルギーのあり方に警鐘をならしました。20世紀に普及した石油や原子力が原因となるこのような問題は、地球環境にやさしい21世紀型のエネルギーの必要性を訴えています。当研究室では、”発電菌”や”発酵菌”などに着目し、省エネルギー型排水処理技術として期待される “微生物燃料電池”やバイオマス有効利用技術として普及する”メタン発酵”に関する研究開発を行っています。
また、電極を用いた新しい微生物制御法の開発に関する研究も行っています。この研究では、食品などで利用される”乳酸菌”の発酵制御などを目指しています。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us