出展者情報

聖ヨゼフ学園小学校・中学校・高等学校

中学2年生が、5つのテーマ(生物多様性、資源・エネルギー、循環型社会、地球温暖化、水・大気の環境と汚染)について調べた内容をわかりやすく発表します。附属校の児童・生徒のレポートも展示します。また、隣接の国道1号沿いの住民、店舗や教育機関と横浜市とが協働して沿道の緑化活動を行っている『鶴見「みどりのルート1」をつくる会』との活動も報告します。ぜひ、見学にいらして下さい。

出展内容の分類

  • 生物多様性
  • エネルギー・発電
  • 廃棄物処理・リサイクル
  • 環境配慮・エコ活動
  • 温暖化防止

企業情報

担当部署 聖ヨゼフ学園中学・高等学校
住所 〒230-0016
神奈川県 横浜市鶴見区東寺尾北台11-1
電話番号 045-581-8808
e-mail http://www.st-joseph.ac.jp/
URL http://www.st-joseph.ac.jp/
英文社名 ST.JOSEPH’S SCHOOL

環境学習・デモンストレーション

中学2年生が環境について調べたことや取り組んでいることを発表します。
牛乳パックからパルプを取り出し、クリスマスカードを作りました。プレゼントいたしますので、ぜひ見にいらして下さい。
国道1号に面している学校の擁壁と沿道の敷地を緑化し、みんなで清掃や草取りなどの手入れをして、沿道の里山を目指しています。

事業内容

ニューヨークに本部を置くカトリックの男子修道会アトンメントのフランシスコ会が、勝野巌神父を初代校長として、1953年に「鶴見聖ヨゼフ小学校」を設立しました。1957年に「聖ヨゼフ学園小学校」と改称し、同年「聖ヨゼフ学園中学校」を、1960年に「聖ヨゼフ学園高等学校」を女子校として開設しました。

創立にあたっては、日本各地に「白百合学園」を経営するカトリック女子修道会シャルトル聖パウロ修道女会の協力を得ました。この関係により、現在も中高は「白百合学園」と交流があります。

1984年に現校舎が竣工しました。講堂は初代校長を記念して勝野講堂と名づけられ、在校生はもちろん保護者や卒業生にも利用されています。1996年には創立40周年記念事業として着工した3層5階建ての新体育館が竣工しました。さらに2010年、地下1階、地上2階建ての美術室、図書室、多目的教室からなる新棟が竣工しました。この新棟は4代校長を記念して小原館と名づけられています。このように、小学校から高校までの12年間の一貫教育を目指す学園として、カトリックの精神を基本に据えて教育活動を進めながら現在に至っています。

トップへ

follow us