出展者情報

自然観察指導員東京連絡会

”身近な生物多様性”を実感してもらえるように、どっさりの「セミの抜け殻」を展示している。普段気が付かないでいる身近な生き物たちのつながりから環境を知ることができる。セミの抜け殻は大事な環境のバロメーターです。ぜひ体験してみよう。[知って!見て!おどろいて!]「生物多様性ナレッジスクエア」に出展。

出展内容の分類

  • 生物多様性
  • 教育・学習支援

企業情報

担当部署 自然観察指導員東京連絡会(NACOT)事務局
住所 〒187-0011
東京都 小平市鈴木町2-155-7-101
電話番号 090-9240-0591
e-mail hoguchi@nifty.com
URL http://www.nacot.org
英文社名 NACOT
身近な生きもの「セミの抜け殻」から生物多様性を実感!
身近な生き物で子供たちにも人気のセミ。土の中で何年も過ごすセミは環境を知る指標となります。セミの情報が抜け殻にいっぱい!
私たち自然観察指導員は主に都市公園で観察会を行い、身近な生きもののつながりの大切さをや生物多様性を伝えています。

事業内容

NACS-J(日本自然保護協会)に登録している自然観察指導員で主に東京を中心に活動している会員によって構成された団体。自然観察を通して自然の素晴らしさを体感することで、「自然を感じる力」を豊かにし、自然を大切に思う人の輪を作って「自然を守る」ことにつなげている。
地域での自然観察会を開催し、広く一般市民や子供たちの体験学習の場をつくり、生物多様性の理解を高めるための普及啓発活動を行っている。
東京都内の都市公園、近郊の里山、高尾、葛西臨海公園など、様々なフィールドでの観察会を展開している。また、学校関係、企業からの依頼の観察会も実施している。またモニタリング調査として「セミの抜け殻しらべ」を兼ねた観察会も毎年行っている。

トップへ

follow us