出展者情報

Sustaina green

弊社ブースは竹を素材とした食器容器や緩衝材などのパルプモールド製品や生分解性プラスチックを展示致します。竹は成長が速く、土に還るため、パッケージ素材として非常に優れています。また脱臭・抗菌性に加え、電子レンジ加熱時に遠赤外線を放出する性質があることから、食品容器としても有効です。コスト面では容器包装リサイクル法での再商品化実施委託料単価がプラスチックより1kgあたり34円削減することができます。

出展内容の分類

  • 容器・包装
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署
住所 〒812-0013
福岡県 福岡市博多区博多駅東2丁目10-16 川辺ビル3F
電話番号 092-292-0101
e-mail info@sustaina-green.com
URL http://www.sustaina-green.com
英文社名 SUSTAINA GREEN

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
日本のモノづくりを、調達から変えていく。
海外では、地球に優しい(自然に還る)素材が導入されています。日本でも、その広がりをみせており、今後、益々注目を集めます。
竹の強度を活かすことで、薄くてクリエイティブなデザインも可能。また、上質な器でワンランク上のおもてなしもご提供できます。

事業内容

Sustaina green 株式会社は竹が持つ「環境低負荷」、「機能」、 「コスト」の3つの側面における特徴を活かした製品の共同開発、販売をおこなっております。特に現在は竹繊維を素材とした製品食品容器や緩衝材などの各種パルプモールド製品及び生分解性プラスチックに注力しております。

環境的側面において、竹には土に還る「生分解性」と成長速度が木材に比べて非常に速いという特性があり、「再生可能資源」であると言えます。ヨーロッパを主体とした海外では、レジ袋を筆頭に脱石油製品や生分解性製品への代替が国家レベルで推進されており、今後日本でも2020年の東京オリンピックを機に環境低負荷製品の普及がより促進することが予想されます。
さらに竹は機能面において優れた圧力体制と衝撃吸収性を併せ持つため、製品輸送時の緩衝材としては最適な素材です。弊社の竹パルプモールド材は世界の先進的な環境基準および品質基準をクリアし、インクジェットプリンターやヘアケア、スキンケア商品の梱包材としてご利用いただいております。また、プラスチックにはない天然の風合い・脱臭・抗菌性に加え、電子レンジ加熱時に遠赤外線を放出する性質もあることから、食品容器としても非常に有効です。
最後にコスト面において、竹パルプは容器包装リサイクル法での「再商品化実施委託料単価」がプラスチックと比べ、1kgあたり34円安いというメリットがあります。年間約2,000万枚のプラスチックトレイをご利用の弊社お客様のケースでは、竹パルプへの代替によって再商品化実施委託料金のみの比較で年間約700万円(削減率95%)を削減可能であると試算しております。

日本には古来より「竹」を利用する文化があります。おにぎりを竹の皮で包んでいたのが良い例です。長い歴史の中で「竹の力」は知らず知らずのうちに人々に受け入れられていたのです。しかしながら時代の流れと共に、より安価で加工のしやすいプラスチックが普及し、竹は伐採の手間などを理由に地域の「邪魔者」として扱われるようになってしまいました。人間の手によって適切に管理されなくなった結果、竹林が拡大し、本来の森林の成長を妨げるばかりか土砂災害を引き起こしやすくなる土地に変えてしまう「竹害」という社会問題にまで発展しています。

弊社は竹のもつ様々な素晴らしい力にもう一度スポットを当て、再び適切に利用することで社会問題を解決するだけでなく、次世代の持続可能な社会の構築のためのマストアイテムとして活用を促進するお手伝いをさせていただきたいと思っております。

資料ダウンロード

トップへ

follow us