Exhibitor Information

booth No: 6-050
ソニー
Sony
Address 〒108-0075  東京都港区港南1-7-1
Section CSR部
  • Print
  • URL

For the Next Generationソニーが取り組むコミュニティー活動

出展分野

生物多様性 家電 エネルギー・発電 教育・学習支援 

環境に配慮しているポイント


・製造過程で使用する素材を改善
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
・使用時に省エネルギー・節水
・廃棄時における廃棄物量を削減
・廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
この出展者の学習のための展示情報はこちら

出展内容


「For the Next Generation(次世代のために)」の精神のもとに、ソニーが行っている活動の中から、エコプロダクツ展では、「子どもたちのための科学教育」と「環境保全」の活動を、ワークショップやタブレットでのゲーム体験などを通して、楽しく、わかりやすくご紹介します。

1.『つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ』(ソニー・サイエンスプログラム)
「つくって、わかる。発電・蓄電ワークショップ」は、電気エネルギーをテーマとした約20分間のワークショップです。ソニーのエンジニアが講師となり、子どもたちが自らの手で発電と蓄電を体験できる「振動型発電機(スティックジェネレーター)」を使って、電気エネルギーの原理や未来について、楽しく学びます。

2.『スマトラ森林保全活動プロジェクト』
ソニーは、熱帯林に覆われた美しい自然を育むインドネシア・スマトラ島で、世界遺産に指定された貴重な森を守るために行われているWWF(世界自然保護基金)の森林保全活動を支援しています。実際に現地で活用されているデジタル録画双眼鏡のデモコーナーや、”Sony Tablet”*1とAR技術*2を活用した、スマトラ島の希少な動植物を探すアプリケーションゲーム”Forest Scope in Sumatra(フォレスト・スコープ・イン・スマトラ)”への参加を通じて、森林保全の大切さを体感していただきます。
*1 ”Sony Tablet”はソニー株式会社の登録商標です。
*2 Augmented Reality(拡張現実感)の略

3.『ソニーの蓄電関連製品』
効率的に電力を蓄えることができる業務用蓄電システムや、家庭で使用するホームエネルギーサーバー、コンパクトなポータブルチャージャーなど、ソニーの蓄電関連製品をご紹介します。

ご興味のある方はこちらもご覧ください。
www.sony.co.jp/csr
以上