Exhibitor Information

booth No: E-40
東海北陸地区国立8高専(石川高専/岐阜高専/鈴鹿高専/鳥羽商船/富山高専/豊田高専/沼津高専/福井高専)
Institute of National College of Technology (Tokai-Hokuriku region)
Address 〒939-8630  富山県富山市本郷町13番地富山高等専門学校
Section 総務課
TEL 076-493-5486 FAX 076-492-3859
  • Print
  • URL
  • Contact us

東海北陸地区国立8高専が発するイチオシ研究シーズについての展示

出展分野

大学・教育機関 

出展内容


石川高専:竹チップ混合土の歩行者系舗装材としての適用性:歩行者系舗装(ウッドチップ舗装)に着目し,伐採した竹をチップ化してそれを土に混ぜ合わせ,竹の歩行者系舗装材とした。

岐阜高専:「低水素濃度燃料使用時におけるPEFCの特性」純水素精製過程を省略した低濃度水素燃料を用いた場合のPEFC特性を把握し、性能低下を低減する方法について検討した。

鈴鹿高専:「好気高熱性微生物を利用したバイオマス資源のメタン発酵技術」本技術は、環境中から単離した好気高熱性微生物を使ってバイオマス資源のメタン発酵を高効率化できます。

鳥羽商船:潮流・海流発電用水車の高出力化:潮流・海流発電は流れのエネルギーを水車によって電力に変換する。本研究では水車周りにシュラウドを設け出力・効率向上を目指した。

富山高専:東海北陸地区高専による「小水力発電アイディアコンテスト」で開発した「縦型3連水車」を提案する。また、本水車は特許を出願済で実用化を目指している。

豊田高専:「ごみ溶融スラグ細骨材を用いたコンクリート」をまとめたプリントを出展する。また,豊田高専 環境都市工学科のパンフレット等も併せて出展する。

沼津高専:加水分解反応を用いる水素化マグネシウムからの水素取り出し方法の開発。純水にある添加物を加えることによって加水分解反応を促進させることを可能にした。

福井高専:「電熱併給太陽光発電を用いた環境配慮型住宅の提案」本研究室では,電熱併給型太陽光パネルを提案する。また,同システムをスマートハウスに導入した場合の環境負荷低減効果を明らかにする。