Exhibitor Information

booth No: E-44
立命館サステイナビリティ学研究センター・立命館地球環境委員会
Ritsumeikan Research Center for Sustainability Science and Ritsumeikan Global Environment Committee
  • Print

立命館が挑む環境・サステイナビリティ研究と教育

出展分野

大学・教育機関 

出展内容


立命館大学琵琶湖Σ研究センターと立命館サステイナビリティ学研究センターは、「立命館が挑む環境・サステイナビリティ研究と教育」という統一テーマのもと、共同でブース出展を行います。
琵琶湖を中心にした水環境からのアプローチ(立命館大学琵琶湖Σ研究センター担当)と水環境をはぐくむ里山や山林からのアプローチ(立命館サステイナビリティ学研究センター担当)を主軸として、それぞれに関連する研究・教育に関する展示、デモ、プレゼンを行います。
立命館サステイナビリティ学研究センターのブースでは、「山林からのアプローチ」として、森林経営再生のための地域材活用、低炭素社会構築のための竹林の活用と竹製品クラフトの推進、森林の木種判別システムを用いたグリーンマップ開発などを紹介します。また、大学でのESD事例として、琵琶湖を活用したサステイナビリティ導入教育、カナダ・中国・ベトナムでの海外環境学習、琵琶湖で学ぶMOTTAINAI共生学の紹介も行います。