Exhibitor Information

booth No: E-21
東京家政学院大学 現代家政学科
Tokyo Kasei Gakuin University
  • Print

横浜野菜の地産地消応援プロジェクト

出展分野

大学・教育機関 

出展内容


東京家政学院大学では横浜市で地場野菜の地産地消の活動を行う横濱花菜屋(横浜市都筑区、代表 花田勝文氏)との共同プロジェクト「地産地消応援プロジェクト」を実施しています。
横浜市は農業が盛んな地域です。しかしそのことはあまり知られていません。せっかく地元で野菜が採れるのですから、市民の皆さんに召し上がっていただきたい。地場の野菜をいただくということは旬をいただくことです。また、流通コストやエネルギー消費の観点からも地場野菜をいただくことは望ましいことです。そこで、横浜野菜の普及を進めるためのプロジェクトを実施しました。
生産農家への取材、現地視察、販売実習等の情報収集を行い、さらに地産地消の意義などを調査したうえでさまざまな販促資材を制作し、移動マルシェにて販売活動のサポートを行っています。
今回は、本プロジェクトの活動と合わせて大学生の視点から地産地消の意義や横浜野菜の魅力などをご紹介します。