Exhibitor Information

booth No: 5-015
日本有機資源協会
Japan Organics Recycling Association
Address 〒104-0033  東京都中央区新川2-6-16馬事畜産会館401
Section 事務局
TEL 03-3297-5618 FAX 03-3297-5619
  • Print
  • アポイント希望
  • URL
  • Contact us

生物由来の原料(バイオマス)を使用し地球温暖化ガスを増やさない環境商品の展示


植物から作ったポリエチレンを用いた飲料容器


ゆるキャラのバイオマスくんに色付けして、オリジナルストラップを作ろう(無料)。環境にやさしい木でできたプラスチック製です

出展分野

繊維・衣服 化学 容器・包装 日用品・医薬品・化粧品 文具・事務用品 NPO・NGO(温暖化防止) NPO・NGO(バイオマス) NPO・NGO(環境教育) 

環境に配慮しているポイント


・製造過程で使用する素材を改善
・使用時に低公害・低エミッション
・廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
・環境情報を表示した製品・サービス
この出展者の学習のための展示情報はこちら

出展内容


地球温暖化は、太古から地下に眠っていた石油や石炭などを掘り起こし、それを燃やして発生させたCO2が原因だという説が有力です。石油を原料として作ったプラスチックは私たちの生活を豊かにしてくれましたが、地球温暖化の原因にもなっていたわけですね。そしてその石油もやがては枯渇します。
一方で、植物は太陽光をエネルギーとして空気中のCO2を吸収して成長していきます。その植物を薪や炭として燃やしても、その時発生したCO2は元の空気に戻るだけです。同じ理由で植物を原料としたプラスチックは使用後に廃棄物として燃やしてもCO2は元の空気にもどるだけですので、地球温暖化ガスは増やしません。
生物由来の原料をバイオマスと言いますが、地球の未来のために政府はバイオマスの活用を推進しています。バイオマスから作った製品で、品質や安全性が関連法規や基準、規格などに適合しているかを審査し、環境商品としてふさわしいと認定された製品に表示を許されるのが『バイオマスマーク』です。平成16年に政府の「バイオマス・ニッポン総合戦略」から生まれた環境ラベルで日本有機資源協会が運営を委託されています。植物から作ったプラスチックを始めとして、インキや洗剤、繊維製品など様々な製品が認定されています。日本の優れた技術が作った環境にやさしい未来型商品を是非手に取ってご覧ください。
また、会場では木でできたプラスチック製のゆるキャラ「バイオマスくん」に色付けしてオリジナルストラップとしてお持ち帰ることが出来ます(無料)。