Exhibitor Information

booth No: N-03
セカンドハーベスト・ジャパン
Second Harvest Japan
Address 〒111-0053  東京都台東区浅草橋4-5-1水田ビル1F
Section 事務局
TEL 03-5822-5371 FAX 03-5822-5372
  • Print
  • URL

環境にも社会にも人にも優しいフードバンク活動のご紹介


食の有効活用「フードバンク」の可能性

出展分野

食料品・飲料 教育・学習支援 NPO・NGO(食と農) NPO・NGO(震災復興) 

出展内容


セカンドハーベスト・ジャパンが2000年より行なっているフードバンク活動を映像や、パネル、資料等を使って紹介します。
フードバンク活動とは、賞味期限内であるにも関わらず、包装の不具合や賞味期限間近、季節商品である、などの理由から、食品企業や量販店、輸入業者、卸業者、農家などが市場に流通できない食品を、食料を必要としている福祉施設や被災者、生活困窮者に再分配する活動です。
日本で排出される食品廃棄物は年間2,272万トンに及び、 そのうちまだ食べられるのに捨てられてしまういわゆる「食品ロス」が約900万トン(コメの年間生産量と同じくらい)発生しており、環境負荷も非常に大きいです。食品提供者側にとっては廃棄コストを大幅に削減することができ、さらには廃棄により発生するCO2の発生抑制としても注目されています。
また福祉施設や生活困窮者にとっても食費の削減につながり、しっかりと食べることにより生きる力を得ることができます。
つまりは食品を提供する側も受け取る側もどちらにもメリットがあるWin-Winな活動がフードバンクになります。
展示会では東日本大震災における支援活動も含めてセカンドハーベスト・ジャパンのフードバンク活動を紹介します。