日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
学習のための展示情報
中央大学 緒方研究室
見学対象
小学校高学年 見学可
中学生 見学可
高校生 最適な対象
環境学習向けテーマ
植林・木材、生き物、食べ物、地球温暖化 、ごみ・廃棄物、自然保護・自然観察
出展分野
農林漁業、生物多様性、教育・学習支援、コンサルティング、NPO・NGO(温暖化防止)、NPO・NGO(食と農)、NPO・NGO(環境教育)、NPO・NGO(国際協力)、大学・教育機関
環境学習向け展示概要
1.環境学習は,専門知識を必要とするので,最低限の基礎知識を提供します.
2.環境学習は,具体的な活動が必要なので,研究室が取り組んでいる海外研修活動を紹介します.
3.エコビレッジについては,一般に欧米の活動が紹介されていますが,アジアのエコビレッジ活動を基礎に,研究室のプロジェクトを紹介します.
内容
パネルやエコ製品などの展示を見て学習
ビデオやステージ鑑賞などで学習
学習のための教材や資料の有無
有   対象学齢 15歳以上
一度に見学できる人数
最大15名まで
10人一組までの見学が最適です
見学にあたってのお願い
1.ビデオについては,各「アジア・インターンシップ(海外研修)」 約5分
2.プレゼンについては,所要時間各20分,質疑10分
*事前に会場に時間を表示します.
事前に調べてほしいキーワード
持続可能な開発,地球温暖化,京都議定書,CDM,REDD,バイオマス,カーボンオフセット,エコビレッジ,里山
考えてほしいポイント
21世紀は,地球規模で現状と同じラフスタイルを追求すると,資源が枯渇し,廃棄物が廃棄できなくなり,地球温暖化をもたらしています.それに代わるライフ・スタイルや技法を模索し,さらに幸福な生き方を可能にする方法を,参加者と一緒に考えてみたいと思います.
<参考書> ドーソン著『世界のエコビレッジ:持続可能性の新しいフロンティア』日本経済評論社
出展情報
戻る
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.