日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
1-015  
アーカイブワークス
Archive Works co.,LTD.
住所 〒856-0032  長崎県大村市東大村1丁目2693-46
担当部署 本社
電話番号 0957-54-7173 FAX番号 0957-54-7175
ホームページを見る
メールを送る
配布資料
動圧ガス軸受・永久磁石型発電機モータ・タービン・圧縮機とその適用機器
出展分野
家電 自動車・輸送用機器・関連機器 エネルギー・発電 廃棄物処理・リサイクル 
環境に配慮しているポイント
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
・使用時に省エネルギー・節水
・製品・サービスの機能が環境を改善
出展内容
動圧型ガス軸受・永久磁石型発電機モータ・タービン・圧縮機とその適用機器の開発、当社の動圧型ガス軸受と永久磁石発電機モータを使った小型発電タービン、高速回転遠心圧縮機(20万rpm)、超臨界圧炭酸ガス発電ガスタービン(10万rpm) 、ハンダ微粒化用(15万rpm)遠心噴霧装置の概要を展示いたします。
地熱・廃熱利用発電システム用の動圧型ガス軸受式高速タービン直結永久磁石型発電機(回転数3,000~200,000回転/分、出力1~3,000kW)を開発、順次製品化を行っています。特に、アンモニア-水を地熱や排熱(温度80以上)で加熱して発電を行う装置(100kW)、屋根上の集熱器で加熱された冷媒で発電と同時に50℃程度の温水供給を行うシステムを2012年発売する予定です。
超臨界圧近傍で圧縮動力が減少する現象を利用した低温度差でも高い効率を発揮するガスタービンで、高圧力・高密度の炭酸ガスを使うので装置が従来のものに比べて数分の一のサイズになります。このシステムは、二つの用途に使われるもので、一つは、核融合炉のナトリウムからの熱・エネルギーを安全に取り出し、発電を行うものと、同様のシステムを排熱利用に活用したものです。500-600℃程度の低温排熱でも、高い効率で発電可能です。
電子回路の微細化に伴い、ハンダ粒子の微細化が要求されており、1ミクロン程度の粒子生成を行う、遠心噴霧装置であり、回転円盤上でハンダ溶湯の固化防止用のヒータを装着可能です。装置の回転円盤の外径は、40-50㎜、回転数15万回転/分で、動圧型ガス軸受を備えた高速モータ駆動方式を採用しており、特別な冷却を行う必要がありません。装置全体の外径は93㎜、高さは180㎜です。
共同出展者
長崎県産業振興財団 菱興産業 中央環境 協和機電工業 ナカムラ消防化学 門田建設
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.