日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
M-38  
セーブ・ザ・オリーブ
Food and Relation Value Laboratory
住所 〒151-0053  東京都渋谷区代々木2-21-11ベルテ代々木Ⅱ B-03
   
電話番号 03-6383-4514 FAX番号 03-6856-4662
ホームページを見る
メールを送る
【セーブ・ザ・オリーブ】の取り組みの紹介と原産地農法を考える展示
出展分野
食料品・飲料 流通(卸売・小売ほか) その他
環境に配慮しているポイント
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
・製品・サービスの機能が環境を改善
出展内容
株式会社食と関係価値研究所が提供する
【セーブ・ザ・オリーブ・プロジェクト】について

パレスチナの人々の生活の糧、精神的拠りどころである オリーブの木を守ることが当プロジェクトの目的です。

日本には世界各国からあらゆる希少なオリーブオイルが集まり、最高級を競っています。
このパレスチナのオイルは、高級オイルにも引けをとらない魅力的な味わいを持っています。
素材がいいだけに、平和が回復し、農家が安心して生産に取り組め、新しい機械を導入しても破壊されないことが確信できれば、製造工程において今以上の改善が図られるでしょう。

しかし「最高級品」は私たちの提供したいものではありません。これから求められる食のあり方は、飽くなきおいしさの追求ではなく、「自分と食べ物、そして食べ物の背後にある世界と【関係を築く】ことによって満足感を得る」ことだと考えています。
最高級で希少なオイルを追うことは際限がなく、一時の満足しか得られないことに私たちは気付き始めました。
このオリーブオイルを使ってくださる方に提供したいのは、「最高級」の価値ではなく、パレスチナの、土地と人々を感じることから生まれる価値です。

パレスチナの赤茶けた荒野に育つオリーブには、力強い生命力が感じられます。それはオリーブの故郷として最も長い歴史を持つだけでなく、聖地の持つエネルギーなのかもしれません。
オリーブの林は心地よく、平和、聖地のイメージそのままです。
彼の地に平和が戻り、オリーブがこれ以上苦しめられないようにすること、それが私たちの目指すものです。
地中海の恵、パレスチナ原産品の試飲、試食
ワイン、オリーブオイル、デーツ、マラミーヤティ、ザータルなど、パレスチナの豊穣な地で採れた美味しい食品の試飲試食が出来ます。

【オリーブオイル】
東地中海地域はオリーブの原産地であり、古来より良質なオリーブが栽培されてきました。
とりわけパレスチナのヨルダン川西岸地域で採れるオリーブの美味しさはアラブ人なら知らない者はないといわれ、この地域のオリーブオイルを飲むことは、黄金を飲むようなものだと言われてきたそうです。

【クレミザンワイン】
イエス・キリスト生誕の地ベツレヘム郊外で作られているパレスチナのワインです。標高は最高900m、ミネラル分の多い土、夏の乾燥、清浄な空気と水、-ワインづくりには理想的的な環境のなかで手摘みで収穫されます。


【デーツ】
死海のほとり、海抜マイナス250mで空気が濃いから濃厚な味。
マジュール種の最高のデーツをお届します。


ビジネス層 一般層 学生・子ども 
製品・技術説明 
第1日(12月15日) 第2日(12月16日) 第3日(12月17日)
     
詳細情報を見る
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.