日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
P-10  
三菱化学
MITSUBISHI CHEMICAL
住所 〒108-0014  東京都港区芝4−14−1三菱ケミカルホールディングスビル
担当部署 サステイナブルリソース事業推進室
電話番号 03-6414-3690 FAX番号 03-6414-3989
ホームページを見る
生分解性プラスチック「GS Pla」、バイオエンプラ「デュラビオ」
出展分野
化学 
環境に配慮しているポイント
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・使用時に省エネルギー・節水
・廃棄時における廃棄物量を削減
・製品・サービスの機能が環境を改善
出展内容
三菱化学は、地球、企業の持続的発展に向け、新技術による「脱化石原料」への事業構造転換を進めており、植物を原料とした生分解性プラスチック「GS Pla」、高機能エンプラ「デュラビオ」/「DURABIO」の開発に取り組んでいます。GS Plaは生分解性の特長を生かして開発・販売しており、生分解マルチフィルムなどの農業用資材やワンウェイ食器類の材料などに活用が進んでいます。現在、GS Plaの原料であるコハク酸に関して石油資源由来から植物原料由来への転換を推進しています。
更に、高機能エンプラ「デュラビオ」は、高透明性などの光学特性に優れ、耐光性(無黄変)や表面硬度などに高い機能を有しており、従来の透明な植物由来プラスチックに比べて大幅に耐熱性、耐衝撃性を高めた画期的な製品です。今後、これらの特性を活かして、最先端の光学・エネルギー関連部材や、高機能ガラスの代替部材、電子機器・自動車の筐体・内外装材など、幅広い分野への展開を予定しています。
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.