日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
N-03  
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト
The Tohoku Green Renaissance Project
住所 〒980-8578  宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
担当部署 東北大学生態適応グローバルCOE
電話番号 022-795-3637    
ホームページを見る
メールを送る
配布資料
海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト 概要・取組紹介
気仙沼の田んぼで人工物を除去する様子
出展分野
農林漁業 生物多様性 建設、建築・建材 住宅・住宅設備・インテリア 食料品・飲料 エネルギー・発電 教育・学習支援 コンサルティング 行政・自治体・関連団体 NPO・NGO(生物多様性) NPO・NGO(自然) NPO・NGO(食と農) NPO・NGO(エコビジネスサポート) NPO・NGO(環境教育) NPO・NGO(ネットワーク) NPO・NGO(震災復興) 大学・教育機関 
環境に配慮しているポイント
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
・使用時に低公害・低エミッション
・廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
・環境情報を表示した製品・サービス
・長寿命化
・製品をサービスに代替
・製品・サービスの機能が環境を改善
出展内容
東北大震災で津波による甚大な被害をうけた沿岸地域の復興は今、国際的な関心事となっています。 農林水産業とともに生きていた地域が、より着実に復興するために、今、何を優先し、何を将来に見据えて復興に当たるべきでしょうか。
 東北大学 生態適応グローバルCOEでは、NGO・企業団体らと共に、生物多様性に配慮した復興を自ら進める「海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト」を開始しました。
 世界有数の漁場および農地を保有する当該地域の豊かさを支える生物多様性の回復を促すことで、より確かで持続可能な復興につながることと考え、今後、幅広く賛同を 呼びかけ自ら具体的なプロジェクトを展開するとともに、復興計画関係各位にも、 生物多様性への 配慮の重要性を改めて呼びかけて参ります。皆様からの賛同・参加をお待ちしております。
 今、できるだけ早い復興は共通した願いですが、環境への影響評価を行なうことなく、早急に山や森を削り、川や海、そして田んぼの生物多様性や生態系への配慮のない造成は、生態系サービスを低下させて、被災地以外にも多くの二次的な災害を生み出しかねません。
 私たちは、この地の農林水産業が享受すべき将来の生態系からの恵みを見据え、海や田んぼの生態系の豊かさや、生物多様性を育む「グリーン復興」を行うことで、農林水産業と共に生きてきた地域が、より着実に、力強く復興すると信じます。
 そして、地域の豊かさと強さにつながる生態系の回復力を助け、自然と社会が共生した復興を、ひとりひとりの市民として、その計画から積極的に関わり、一緒に支えていくことを宣言いたします。
 本展示では、活動の目的や取組を周知すると共に賛同者を募り、生物多様性に配慮した復興をより力強いものにしていくきっかけとしたいと考えています。
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.