日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
E-02  
鳥取環境大学
Tottori University of Environmental Studies
   
   
       
鳥取環境大学の海ごみ研究最前線/地域で活躍する学生の環境活動
鳥取環境大学では、美しい海を取り戻し海岸を保全することを目的に「海ごみ」問題の解決に取り組んでいます。 学生団体「TUES地球温暖化を考える会」は地域の環境活動に積極的に取り組んでいます。
出展分野
教育・学習支援 大学・教育機関 
環境に配慮しているポイント
・製品・サービスの機能が環境を改善
この出展者の学習のための展示情報はこちら
出展内容
「人と社会と自然の共生」の実現に貢献する人材の育成をめざす鳥取環境大学では、研究成果を幅広く地域社会へ提供・還元することで、持続可能な循環型社会の形成や地域活性化に役立てること、並びに教育への展開に役立てることを目指して、様々な研究活動を展開しています。
 中でも今回は、海外や国内陸部が発生源と考えられる廃棄物が大量押し寄せて問題となっている日本海側の海ごみ問題の解決に向けて本学が実施しているプロジェクトの最新研究情報として、東日本大震災による津波で東北地域から流出したごみの移動を、発信器を付けた模擬ごみを使って追跡する様子などをパネルや映像でご紹介します。
あわせて、本学で環境活動に取り組む多くの学生団体の中から、地域との連携により地球温暖化防止のための活動を実践している「地球環境を考える会」と、本学のEMS(環境マネジメントシステム)にもとづき、学内外で環境保全、環境教育、社会貢献などのISO推進活動を行っている「学生ISO委員会」の活動情報をご紹介します。

Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.