日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
C-04  
下川町
Hokkaido Shimokawa
住所 〒098-1206  北海道上川郡下川町幸町63番地
担当部署 地域振興課環境未来都市推進室
電話番号 0165-54-2511 FAX番号 0165-54-2517
ホームページを見る
メールを送る
森林を造り、未来を創る/環境モデル都市「北海道下川町」
北海道下川町位置図 下川町有林
出展分野
農林漁業 生物多様性 行政・自治体・関連団体 
出展内容
下川町は、北海道北部に位置し、面積は644.20k㎡で、そのうち約9割を森林が占めています。夏は30℃を越え、冬はマイナス30℃を下回る日もあり、年間の寒暖差が60℃と寒暖の差が激しい地域です。
 過疎化が進む中、最大の資源である森林を活用した地域づくりを進めることが重要であるとの認識に立ち、循環型森林経営(伐採→植栽→育林を繰り返す)の確立を目指してきました。
 森林という地域資源を基盤に、産業・自然・社会が調和した森林共生社会を進めるため、森林・林産業を核とした産業クラスター活動を実践し、持続可能な森林経営の世界的な証であるFSC森林認証を取得するとともに、北海道初となる木質バイオマスボイラーを公共温泉である「五味温泉」に導入し、地球温暖化対策と化石燃料の高騰下における地域経営コスト削減を実践し、森林総合クラスターのまちづくりを先駆的に推進しています。
 また、更なる森林バイオマスエネルギーの導入促進に向け、資源作物として早生樹である「ヤナギ」に着目し、平成19年度から試験栽培を実施しています。
 下川町は、長年にわたり取り組んできた循環型森林経営を基盤として、今日取り組んでいる森林バイオマスの利活用を促進し、更なる発展を図りながら低炭素社会の創造を目指すため、森林資源を活用したカーボン・オフセットや森林バイオマスエネルギーの導入を進めるとともに、住民活動として、マイバック運動や廃食油によるBDF化の推進、さらには高気密・高断熱・省エネ・地域材をふんだんに使用したエコ住宅建設促進に向けた取り組みを進めています。
こうした地球温暖化対策を地域の活性化に結び付け、持続可能な循環型社会の構築を目指した各種取り組みのパネル展示のほか、森林製品の展示等を行います。
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.