日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
5-043  
ちばコープ/さいたまコープ/コープとうきょう/コープネット
COOPNET
住所 〒336-8526  埼玉県さいたま市南区根岸1-4-13
担当部署 総合企画 政策推進・広報室
電話番号 048-839-1849 FAX番号 048-839-1859
ホームページを見る
配布資料
毎日のくらしからつなげよう。―――コープ みんなでエコ!
昨年、コープのブースはたくさんの来場者でにぎわいました。

第7回エコプロダクツ大賞 エコサービス部門 農林水産大臣賞受賞
多くの小学生が訪れ、一生懸命に話を聞きメモを取ってました。感想「コープの車はてんぷら油で走っていてエコだと思いました。」
出展分野
生物多様性 食料品・飲料 容器・包装 教育・学習支援 廃棄物処理・リサイクル その他(生活協同組合・消費者の組織・家庭エコ)
環境に配慮しているポイント
・製造過程で使用する素材を改善
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
・使用時に省エネルギー・節水
・使用時に低公害・低エミッション
・廃棄時における廃棄物量を削減
・廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
・環境情報を表示した製品・サービス
・製品・サービスの機能が環境を改善
この出展者の学習のための展示情報はこちら
出展内容
①店舗の省エネの取り組み
 コープネットグループでは、「新店環境基準」に基づいてSM店1店舗あたりCO2排出量を年間15%(2005年度対比)削減した省エネ店舗を出店してきました。また、今年4月には日本生協連の「エコストアコンセプト」に基づいてさらに5%(合計20%)削減の省エネモデル店舗を出店しました。店舗での省エネに、どんな工夫や取り組みがされているのかを見て・触って・実感いただきながらご紹介します。(ショーケース・照明器具・床材の工夫、電力消費量の見える化など)

②環境配慮商品の取り扱い
 生産者・加工者・組合員と一体になって「食料自給力の向上」「地域の生産者の応援」「むだをなくす」の3つのテーマで総合的な取り組みを進めています。また、商品の利用を通じて気軽に生物多様性、自然共生社会を目指す取り組みを応援しています。さまざまな環境配慮商品を紹介するとともに、商品を購入することで参加できる環境の取り組みをご紹介します。(MSC認証商品、カーボンフットプリント商品、有機JAS認定商品、生物多様性関連商品など)

③リサイクルの推進
 事業活動から発生する廃棄物の抑制と再資源化を進めるとともに、組合員の皆さまにご協力いただき資源物の回収とリサイクルを積極的に推進しています。 店舗に設置した回収ボックスやコープデリ宅配を通じて、組合員の皆さまから回収した資源物が、どんな物にリサイクルされているのか当ててください。
(ペットボトルや牛乳パックはどんな物に生まれ変わるの?)

④組合員や行政とともに進める取り組み
 組合員の皆さんとともに、一人ひとりの毎日のくらしを通した環境保全の取り組み。東日本大震災の被災地復興の支援活動など紹介します。

⑤体験工作コーナー
 国際森林年にちなんで「松ぼっくり」でクリスマスツリー作りを実施します。
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.