日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
3-036  
アレフ(びっくりドンキー)
Aleph Inc.
住所 〒061-1433  北海道恵庭市北柏木町1丁目294株式会社アレフ エコロジーセンター
担当部署 エコプロジェクト
電話番号 0123-39-5802 FAX番号 0123-39-5801
ホームページを見る
メールを送る
外食産業の取り組む「食と農業と環境への取り組み」についてご紹介します
 
出展分野
食料品・飲料 
環境に配慮しているポイント
・製造過程で使用する素材を改善
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
この出展者の学習のための展示情報はこちら
出展内容
弊社は、ハンバーグレストランびっくりドンキーを全国に展開するフランチャイズチェーン本部です。

創業以来約40年間、より安全な食をお客様に提供することを目指し、農業生産者と共に取組みを続けています。なかでも主力商品である「ハンバーグディッシュ」に使用されるビーフは、穀物飼育ではなく、牛本来の生態にあわせた牧草飼育を徹底しており、成長ホルモン剤を使わないなどの基準をクリアした「アレフナチュラルビーフ」を使用しています。
また、使用しているライスも「栽培期間を通じて農薬の使用は除草剤1回のみ」という厳しい基準を適用した「省農薬米(しょうのうやくまい)」を使用しています。さらに、今回会場で提供されるお米は、農薬を使用せず、田んぼの生きものにも配慮した「生きもの豊かな田んぼのお米」です。
会場においてハンバーグディッシュも提供しています。

また、店舗から排出される生ごみも、有機資材として堆肥化し農業生産に活かすことで、ごみを減らし、資源リサイクルを実現しています。現在、直営店舗の約90%に、生ごみを一次発酵させて堆肥原料とする機材を設置しており、会場では実機の展示も行なっています。

さらに、事業活動を通じて培われた省エネや省資源のノウハウを活かした設備設計提案をする「環境事業部」を配置しています。環境事業部は、温排熱・冷排熱の効率的な利用などを提案し、これまでに温泉ホテルやミネラルウォーター製造工場等に採用して頂きました。会場ではこれまでの導入実績などを紹介し、商談などの準備もございます。

飲食ブースでは、こだわりの食材を使用したびっくりドンキー定番メニューとサービスを、環境展示ブースでは弊社の農業や環境への取組の想いと拡がりをお客様に提供いたします。
簡単なプレゼンテーションも予定しておりますので、是非気楽にブースに足をお運びください。従業員一同ご来場をお待ちしております。
アレフの環境取組の紹介
びっくりドンキーで実際に働いている社員による会社紹介です。

クイズを交えながら食の安全や環境について
取り組みの内容をわかりやすく説明するとともに
実際に店舗で見られる取組もご紹介します。


一般層 学生・子ども 
プレゼンテーション 
第1日(12月15日) 第2日(12月16日) 第3日(12月17日)
1回目:10:30~10:45
2回目:11:00~11:15
3回目:11:30~11:45
4回目:12:00~12:15
5回目:12:30~12:45
6回目:13:00~13:15
7回目:13:30~13:45
8回目:14:00~14:15
9回目:14:30~14:45
10回目:15:00~15:15
11回目:15:30~15:45
12回目:16:00~16:15
13回目:16:30~16:45
14回目:17:00~17:15 
1回目:10:30~10:45
2回目:11:00~11:15
3回目:11:30~11:45
4回目:12:00~12:15
5回目:12:30~12:45
6回目:13:00~13:15
7回目:13:30~13:45
8回目:14:00~14:15
9回目:14:30~14:45
10回目:15:00~15:15
11回目:15:30~15:45
12回目:16:00~16:15
13回目:16:30~16:45
14回目:17:00~17:15 
1回目:10:30~10:45
2回目:11:00~11:15
3回目:11:30~11:45
4回目:12:00~12:15
5回目:12:30~12:45
6回目:13:00~13:15
7回目:13:30~13:45
8回目:14:00~14:15
9回目:14:30~14:45
10回目:15:00~15:15
11回目:15:30~15:45
12回目:16:00~16:15 
詳細情報を見る
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.