日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011
4-027  
滋賀県農村振興課
Shiga Prefectural Headquarters
住所 〒520-8577  滋賀県大津市京町4丁目1-1
担当部署 滋賀県 農村振興課
電話番号 077-528-3963 FAX番号 077-528-4888
ホームページを見る
メールを送る
配布資料
「魚のゆりかご水田プロジェクト」 琵琶湖の魚が産卵・成育する田んぼを取り戻そう!
子どもも大人も一緒になって、琵琶湖から遡ってきた魚つかみに夢中です。生きものがいっぱいの田んぼは魅力的! 琵琶湖から遡上してきたナマズ
出展分野
農林漁業 生物多様性 行政・自治体・関連団体 NPO・NGO(自然) NPO・NGO(食と農) 
環境に配慮しているポイント
・製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
・製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
この出展者の学習のための展示情報はこちら
出展内容
 「魚のゆりかご水田プロジェクト」とは、田んぼで魚たちが飛び跳ね、青々とした田園に白サギが舞う。
 そして田んぼには網を持って魚つかみをする子どもたちの歓声。
 そんなどこにでもみられた田園空間を取り戻そうと始めたプロジェクトです。かつて、琵琶湖の周りの田んぼは、ニゴロブナなどの魚にとって「ゆりかご」としての役割を持っていました。大雨が降ると、琵琶湖から水路を通って田んぼに上り産卵し、やがて生まれた稚魚は、エサとなるプランクトンが豊富で外敵の少ない田んぼですくすくと育ち、やがて琵琶湖へ戻り、大きな魚に成長する生活を繰り返していました。
 しかし、今では水路と田んぼに段差がつき、魚が上りにくくなりました。そこで、この「魚のゆりかご水田プロジェクト」では、魚が田んぼに上りやすくする道づくり(魚道)に取り組み、魚たちが卵を産み、琵琶湖へ巣立っていく、生きものにやさしい環境づくりを農家や地域の皆さんが一体となって進めています。
 また、そんな生きものに配慮して作ったお米は「魚のゆりかご水田米」として消費者の皆さんにお届けしています。
 今回の出展ブースには、田んぼと琵琶湖の関係が一目でわかる「ジオラマ模型」の展示をはじめ、DVDでの紹介、農家の方から直接お話と聞いていただいたり、紙芝居で見ていただくなど、楽しい展示によって、豊かな生きものが育まれる水田とその環境について知っていただけます。
 また、「魚のゆりかご水田米」のプレゼントもあります!(数量に限りがあります)

 
魚のゆりかご水田米プレゼント(なくなり次第終了)
魚のゆりかご水田DVD鑑賞
魚のゆりかご物語(紙芝居上映)
 アンケートにお答えいただいた方に「魚のゆりかご水田米」をプレゼントいたします。
 ただし、数量に限りがありますので、第1回、第2回ともなくなり次第終了となります。
ビジネス層 一般層 学生・子ども 
プレゼンテーション プレゼント/抽選等 
第1日(12月15日) 第2日(12月16日) 第3日(12月17日)
1回目:10:30~12:00
2回目:13:00~15:00 
1回目:10:30~12:00
2回目:13:00~15:00 
1回目:10:30~12:00 
詳細情報を見る
共同出展者
滋賀県魚のゆりかご水田プロジェクト推進協議会
Copyright 2011 Eco-Products 2011,. all rights reserved.