来場者事前登録の受付は終了いたしました
オンライン・ガイドブック
HOME
エコプロダクツ展とは?
環境への取り組み
出展者一覧
シンポジウム・セミナー
みどころマップ
ステージ
環境教育について
過去の開催結果
ロゴ・キャラクター・バナー ダウンロード
会場へのアクセス
お問い合わせ
ENGLISH
CHINESE
KOREAN
出展者専用ページ
サイトマップ
プライバシーポリシー
↑ページのトップへ
 今年は、7月の洞爺湖サミットで主要8か国(G8)が温室効果ガス削減の長期目標で合意したことなど、世界全体で2050年に排出量を半減する長期目標について、全国民をあげて考え、解決の方向に向けて改めて動き出す年になっています。
 エコプロダクツの普及と環境型社会の実現をめざし、1999年を初回に開催して参りました本展も、今回で10周年の区切りを迎えます。この間、社会や産業界の環境への意識や取り組み、製品やサービス提供の手法は大きく変化してきました。ご出展の規模や業種も多岐にわたり拡大し、企業に留まらず政府・自治体、NPO・NGO、教育機関など様々なステークホルダーが本展を通じて「つながり」、問題解決の新しい取り組みと実例を紹介することで、社会ムーブメントを生み出す機会として活用されています。
 10周年の記念テーマは、「もうできる!CO2 −(マイナス)50%のエコライフ」です。750を越える出展者がこぞって、すでに実現可能なCO2−50%削減の生活スタイルと、未来の低炭素社会へのビジョンを具体的に一堂に披露します。最も先端的な次の社会をいち早く皆様もご覧になりませんか?小さなお子様から、ご家族連れ、学生さん、多くの関係するビジネス関係者の多数のご来場をお待ちしております。
(社)産業環境管理協会、日本経済新聞社
↑ページのトップへ
● 名称 エコプロダクツ2008[第10回]
● 会期 2008年12月11日[木]〜13日[土] 10:00〜18:00 (13日[土]は10:00〜17:00)
● 会場 東京ビッグサイト[東展示場 1〜6ホール]
● 主催 (社)産業環境管理協会日本経済新聞社
● 後援 経済産業省、環境省、文部科学省、国土交通省、農林水産省、厚生労働省、
(社)日本経済団体連合会、(社)経済同友会、日本商工会議所、東京商工会議所、
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、日本貿易振興機構、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県
[順不同]
● 協賛 (社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会、グリーン購入ネットワーク、(財)日本環境協会、
全国連合小学校長会、全日本中学校長会、全国高等学校長協会、全国小中学校環境教育研究会
[順不同]
● 特別協力 日本経済新聞デジタルメディア
● 協力 日経Ecolomy、日経BP環境経営フォーラム、日経エコロジー、ecomom、環境goo、ソトコト、everblue、
リンカラン、環境新聞、教育新聞、日本教育新聞
● 入場料 無料
● 来場対象 ・企業経営者、企業の購買部門、環境管理部門、製品・商品開発部門、経営戦略部門、
 社会貢献部門 など
・自治体・官公庁の地域振興部門、購買部門、環境部門 など
・各業界団体、地域産業・商工団体 など
・一般消費者(ファミリー層、主婦、学生、小・中・高生)
・環境NPO・NGO団体、市民グループ、環境に関心のある方
● 出展規模 750社・団体/1,700小間[予定] (前回出展実績:632社・団体/1,405小間)
● 来場者見込 170,000人(前回実績:164,903人)
● 同時開催 バイオマス総合展2008(主催:バイオマス総合展実行委員会、共催:日本経済新聞社)、
超電導EXPO2008、地域食とものづくり総合展2008(順不同)
↑ページのトップへ
概略図をクリックすると拡大表示されます
↑ページのトップへ
  • 全出展者一覧
  • 企画コーナー・同時開催展 出展者一覧
  • 開催結果
  • 10年のあゆみ
  • 環境コミュニケーションステージ
  • エコプレゼンテーションステージ