政府の「1人、1日、1kgCO2削減チャレンジ宣言」促進キャンペーンと連動した、携帯電話を使った会場内ポイントラリーにトライ! チャレンジ宣言の実践項目にあわせて出展者ブースの製品や取り組みをめぐり、1日1kgのCO2削減をめざそう。参加者には抽選でステキな「エコみやげ」が当たるチャンスも。また、質問に答えるだけで自分の現在のCO2排出量内訳がわかる「MyCO2」測定コーナーも設置します。学びながらあなた自身の「ダイエット! CO2」を見つけよう。
1人1日1kgCO2削減ポイントラリーは、エコプロダクツとチーム・マイナス6%のコラボレーション。会場内を巡ってあなたの出来るCO2削減のためのチャレンジ項目を発見し、ゴールでチャレンジ宣言するだけで、豪華なエコ商品が当たる抽選に参加できます。
MyCOへようこそ! MyCOは、CO削減に成功したスウェーデン生まれのCOテスト日本版です。
知る力と行動する力。温暖化ストップへの第一歩です。
日本が世界に約束した8.1トン/人/年のCO(京都議定書での目標値)を達成するのに、あなたはあとどれくらい減らす必要があるか知っていますか?

パソコンで、わずか15分。自分のCO排出量がわかります。
MyCO2では生活の中のあらゆる場面の質問に答えて行くだけで自分1人が1年間に輩出するCOの量を計算できます。
ブースには、生活のあらゆるシーンでのCO削減のヒントがいっぱい。ぜひ参考にしてくださいね。
↑ページのトップへ
◎主催◎ 環境省、環境ビジネスウィメン、三井住友銀行
「日本発、世界の経済をエコ化する!」。環境ビジネスの芽を見つけ、育てるコンテストeco japan cup 2007。
ビジネスモデルからデザインやアート、ライフスタイルに地域活動まで多彩に表彰。エコな裏ワザも!
↑ページのトップへ
企業のCSR(社会的責任)活動の一環として、学校に環境をテーマにして授業を提供する企業が増えています。環境教育を支援する企業を紹介します。
また、新聞づくり工房では、自分の写真や感想文を記事と合成して、日本経済新聞特別版として、オリジナル新聞を作ることできます。参加者には「新聞づくりカンタンマニュアル」もプレゼント。
↑ページのトップへ
竹は里山に生育し、私たちに極めて馴染みのある植物です。その竹が再生可能なバイオマス資源として注目を集めています。循環型社会構築の視点から、竹の活用法を紹介します。
会期中、竹を使ったワークショップを開催しています。
◎名人が指導! 竹工作
◎竹でできる! 紙漉し体験

協力:同志社大学、京都大学フィールド教育科学研究センター、NPO法人 環境学習研究会
↑ページのトップへ
従来の化石資源に代わるものとして脚光を浴びているバイオマス。温暖化防止、循環型社会形成の要素として期待されています。日本における現状と今後の可能性を、関連技術や製品の展示を通じて紹介します。バイオマスマーク認定製品の展示コーナーもあります。
↑ページのトップへ
「心とカラダにやさしい生活」をテーマにする雑誌「リンカラン」が3日間限定のカフェをオープン。料理以外にも豊富な企画で皆様をお待ちしております。
↑ページのトップへ
サステナブルな生活にふさわしい製品・サービスのプロトタイプを展示。快適で、安全・安心な未来のサステナブル社会を、ちょっとのぞいてみませんか。
↑ページのトップへ
自然体験や人材育成のための「企業とNPOが連携した環境教育」、家庭や学校で「今すぐ始める環境への取り組み」、親子で楽しむ「PETボトルキャップを使った縁日」、学習発表やセミナーを行う「学びのステージ」、学習テーマに沿った子どもエコツアー「エコネコ探検隊」など、学びや気づきのためのコーナーです。
↑ページのトップへ
ライフスタイルや国際交流、生物やエネルギー、樹木などの保護・環境改善への取り組みを、様々なネットワークが発信します。大学生が開発した環境カードゲームのデモンストレーションや、学生が目指したエコライフの実践の現状も紹介しています。
↑ページのトップへ
「究極の省エネ交通機関」である自転車を生活に取り込もう。通勤に適した超軽い自転車など、奥深い自転車の世界へご案内します。また、親子で気軽に始めるお勧めのエコツーリズム情報も紹介。
↑ページのトップへ
健康にも環境にもよい食事とは?食べ物の選び方、食べ方次第で私たちの生活は大きく変わってきます。日々の生活のなかで注意すべきポイントをライフスタイル別に紹介します。環境配慮食品の試食コーナーも。
↑ページのトップへ
環境に関する新技術や製品・サービス、企業のCSR活動など、3日間で約40のセミナーを開催。環境ビジネスに関する様々な情報発信が行われます。
↑ページのトップへ
◎特別協賛:イオン
会場内にエコストアが出現!名誉店長にあのC. W. ニコルさんが就任します。レジ袋の削減がどのくらい石油の削減につながるのか。食品の残りが再利用されるとどうなるのか。そんな疑問に答える体験コーナーが盛りだくさん。エネルギーを上手に使う仕組み、省エネのたくさんのアイデア、素材や商品を店に運ぶエコなシステムなど、進化するお店のバックヤードで使われている最新技術も満載。実際に買い物ができるエリアや試食コーナーもあるよ!
↑ページのトップへ
バイオマス由来のプラスチック素材・加工品メーカーが多数出展します。
↑ページのトップへ
テーマは「気づこう・学ぼう・はじめよう地球を守るエコアクション」。環境教育プログラムを取り入れた体験型スクールを中心に、地球温暖化防止のためにできることを、体感・学習できるコーナーです。その他、最新省エネ製品と15年前の製品のCO2排出量の比較コーナー、エコプロダクツが当たるクイズラリーなど、子どもから大人まで楽しめるアトラクションにも参加しよう!
↑ページのトップへ
毎日の生活を豊かにするこだわりのエコグッズやフェアトレード商品、旬の野菜が集まりました!ワークショップエリアやLOHASをテーマにしたマッサージコーナーもあります。つくり手と買い手の距離が近い、にぎやかなマーケットであなたのお気に入りを見つけてください。
↑ページのトップへ
広い会場を歩いてお腹が空いたら、ナチュラルフードレストランへ。自分にもカラダにもおいしいごはんを食べながら、食からつながるエコを体感!新鮮野菜や安心素材を厳選した、エコプロダクツ展オリジナルメニューであなたをお待ちしています。
↑ページのトップへ
水素で走る燃料電池車、電気自動車などがお台場を走行!究極のエコカーに実際に同乗しながら、どうすれば環境にやさしいエコドライブができるのか、一緒に勉強できます。東京ビッグサイト内ではベロタクシーの試乗会も行います。
●エコプロダクツ2006本企画より、左写真:エコカー、右写真:ベロタクシー
↑ページのトップへ
エコライフの達人がエコロジー入門、ごみゼロ、食など多彩なテーマで会場内を効率的にご案内!事前登録不要で参加費もかかりません。エコプロダクツ展初心者の方から通の方までお気軽にご参加ください。
●エコプロダクツ2006より
↑ページのトップへ
夢の技術−超電導。その実用化は21世紀に開花しようとしています。これまでの技術開発の歴史や環境・エネルギー/情報・通信/産業・輸送/ライフサイエンスなど、各分野でこの技術がどのように活用されるかを展示紹介します。
地域活性化の切り札として注目されている地域ブランド。本展では地方のこだわりを生かして生産されている食品や工業品などが集結します。流通業のバイヤーや地方のおいしい食品やブランド工芸品に興味のある方の来場をお待ちしています。
↑ページのトップへ