企業、学生、生活者、NPO/NGOに向けた"環境教育情報・ご相談エリア"と、"環境問題を学ぶきっかけとするための体験型エリア"で構成しています。参考になるものを見つけたら、自らアクションを起こす事ができます。
協力:グリーンクロスジャパン/新宿環境活動ネット/リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>/
ローソン「緑の募金」
小中学生が環境について知り、問題を身近に感じるためのツアー。4テーマを、環境について学ぶ大学生などがガイドとなり、1時間弱で3〜4のブースを案内します。ツアーに参加したお友達とみんなで、「エコネコ探検ノート」に学んだことを話し合いながらまとめてください。
Aコース … 3R(リデュース・リユース・リサイクル)
Bコース … エネルギー
Cコース … 自然
Dコース … ライフスタイル
※ スタート15分前から、ブースにて申し込みを受け付けます。
※ 各テーマ15分間隔でスタート、定員は10名前後、子どもグループには、必ず大人が同伴ください。
詳細は財団法人グリーンクロスジャパン ホームページをご覧ください。
↑ページのトップへ
協力:日本環境教育フォーラム、キープ協会、ホールアース自然学校
自然体験や人材育成プログラムをご紹介、コンシェルジュが常駐し、企業の環境教育展開に向けたご相談を受け付けます。
「環境の入門講座にNPOが企画協力、全国の工場でも実施」
 アサヒビール×日本環境教育フォーラム
「森を育てる人材育成をめざし、学生向けの森林環境教育に協賛」
 NEC×日本環境教育フォーラム
「社有林を活用し、子供向け自然学校を共催」
 王子製紙×日本環境教育フォーラム
「日本各地のNPOと、教育現場への環境教育導入を支援」
 コスモ石油×日本環境教育フォーラム
「子供向け宿泊型環境教育の実施でNPOと協業」
 サントリー×キープ協会
「日本一の水力発電を活用したエネルギー・環境の体験学習を共催」
 J-POWER×キープ協会
「社員ボランティアが整備した森で地元小中学生に環境教育」
 住友林業×ホールアース自然学校
「NPOの専門性を生かし講座を企画、運営には企業ノウハウを活用」
 損保ジャパン×日本環境教育フォーラム
「里山保全の社会システムづくりに協働して挑む」
 トヨタ自動車×日本環境教育フォーラム
↑ページのトップへ
協力:エコライン、サン・マイクロシステムズ、日本科学未来館、日本教育新聞、
日本旅行、ヒルトン東京、ボルボ・カーズ・ジャパン、ヤナギ研究所
参加・体験することで、またはグッズを使うことで、学びや発見に結びつくことをご紹介します。
↑ページのトップへ
協力:全国私立保育園連盟
全国私立保育園連盟では、「子ども自身の生きる力の再生」「家庭の子育て力の再生」「子どもと家庭を支える地域力の再生」を柱に、子育てをしやすい社会を目指す「子育てルネッサンス運動」を全国の加盟保育園をあげて取り組んでいます。
ここでは「運動」の行動計画として取り組んでいる、保育園での自然体験や森づくり体験の普及活動、さらに保育士オリジナルの自然体験活動リーダー養成事業など、第一次計画3年間の成果と今後の活動予定を紹介します。
↑ページのトップへ
協力:エコモチプロジェクト事務局
2008年4月にオープン予定の企業向け共通プラットフォーム「エコモチ」について、展示とWEBサイトデモ画面でご紹介します。「エコモチ」は、社員のエコアクションをポイント化しWebシステムで管理します。多数の企業が共通利用できるプラットフォームとして、企業ごとのアクションポイントを見ることができ、協働ボランティア活動実施も可能です。エコプロダクツ2007と同時に、入会申込受付を行います。
※「エコモチ」説明会&キックオフイベントを12/14、別会場にて実施予定です。
詳しくは こちら
↑ページのトップへ
協力:西友
エコプロダクツを消費者に届ける努力をしながら、お客様と従業員が一体となって行った、持続可能な社会へのシステム、ハチドリキャンペーンの取り組みを紹介します。包装について、お客様に考えた上で行動していただくため、まず従業員がレジ袋削減への意義や有料化することとの手段の違いを理解することから始まりました。コミュニケーションの様子と進捗について展示します。
↑ページのトップへ
協力:ママchan(インフォマート)
園児に身近な素材(PETボトルキャップ)を用いて、リサイクル活動の実践や工作(モザイク画)で、家庭・地域・環境に配慮した暮らしを提案します。PETボトルキャップの回収も行います。
↑ページのトップへ
↑ページのトップへ
12月15日(土)、展示会場内会議室にて開催、事前登録制。
定員となりましたのでお申し込みは締め切りました。
↑ページのトップへ