上野 万梨子

東京生まれ。
小学校から高校までを「学校の中心は食堂にあり」の精神のもと、手作り、創意工夫を重んじる自由学園に学ぶ。
獨協大学卒業後、学生時代より師事した飯田深雪氏のクッキングスタジオ入社。
海外情報が貴重だったその当時、毎号大切に読んでいた「セゾン・ド・ノンノ」パリ特集に料理学校「ル・コルドン・ブルー」の紹介記事を見つけて渡仏。
帰国後77年から90年まで東京の実家にてフランス料理教室を主宰する。
91年パリに移住。
著作や取材を通してフランスの食を日本に伝え、また食関連イベントの編集企画、商品開発アドバイスなどを手がける。
独自の感性で生み出すレシピの基本は「斬新な組み立てであっても、味わってみるとどこかに懐かしさがある料理」。