現在地から行きたいブースへの道順、出展者の情報がカンタンにわかるタッチパネル式端末を会場内に設置します。会場で迷ったら、ぜひご利用ください。
◎協力◎内田洋行
事前登録の携帯電話にバーコードを発行。会場のラリーポイントを回ってステキな賞品をゲットしよう。
日本人が古来からもち合わせていた文化や風土、これぞ「粋」で「エコロジー」な発想ですね。忘れかけていませんか? 生活をエコにかえることは何もかも制限をすることではありません。むしろ昔に学び、その要素をとり入れた生活、楽しくありませんか? エコプロ展をどう見ていくべきか。日常を切り出した8つのステキなエコライフシーン、目からウロコ、必見です。
グリーンサービサイジング、環境コミュニティ・ビジネス、廃棄物リサイクルなど、政府が取り組んでいる環境活動を具体的に紹介します。
環境関連のNPOや大学の環境サークルなどが、日頃の活動を一堂に紹介。環境に取り組む姿を分かりやすく紹介します。
自然の叡智をテーマに、世界から2205万人もの人々が訪れた愛・地球博。そこで実証実験された環境技術を中心に紹介し、トークショーやワークショップ、エコマネーポイントラリーなども実施します。マスコットキャラクターのモリゾー&キッコロもやってきます。会場内環境コミュニケーションステージではモリゾー&キッコロミュージカルも行います。
【12月14日13:00〜13:20/12月15日10:00〜10:20】
優れたエコで起業するためのプランニング、環境事業の企画、エコを促すアートプロジェクトを表彰するecojapancup。表彰されたプラン等を一堂に展示で紹介します。
「心とカラダにやさしい生活」をテーマにする雑誌リンカランが期間限定のカフェをオープンします。今年も、料理ユニットの「南風食堂」のふたりが心を込めて、おいしい料理をつくってくれます。また、今年のリンカラン カフェでは、小さなステージを設け、トークやミニライブなどの開催を予定しています。
子どもたちの環境学習成果の発表や展示をしています。
エコデザイングッズ、LOHAS製品、マクロビ食品がその場で買える!「エコプロマーケット」。普段の買い物ではなかなか買えない商品をエコプロダクツ展でゲットしよう。
電機・電子8社が共同で「あなたとつくる地球の明日とみんなの未来」をキーワードに、子どもから大人まで楽しめるアトラクションを実施します。1/1,000万の地球儀で温暖化を体感する「触れる地球」、ゲームで省エネを学ぶ「ロードオブエコロジー」、オリジナル宣言書がもらえる「エコセーバー宣言」などなど盛りだくさんです。抽選で豪華賞品が当たる「ペアリングクイズ」や地球環境への「願いの木」にもぜひ参加してください。
環境ビジネスから環境に優しい企業の取り組みまで、3日間で約40のセミナーを開催。
私たちの周りには多くの環境配慮製品がありますが、それを選ぶ方法もたくさんあることはあまり知られていません。本企画では、商品のライフサイクルを考慮した環境情報について、その役割や使い方を分かりやすく説明します。
毎年大人気のレストラン。今年もマクロビオティック食品を食べて、エコプロダクツ展で健康になろう! お茶漬けやスープなど、体に良いだけではなくおいしいメニューを企画中です。
自然の中でエコを楽しむアウトドアの提案、エコロジーを重視する一般の方が、家族やお子様といっしょに気軽に実践できる「地球を感じるアウトドア」を紹介します。「海」「山」「都会の自転車ライフ」をテーマにセレクトしたアウトドア・アイテムの展示。ステージでは、プロクライマーの平山ユージ氏、作家でありバックパッカーの加藤則芳氏らが出演するゲストトークや、ビーチヨガやカヤック組立のワークショップなどを連日開催します。ギアを身に付け、高さ7mのクライミングウォールでクライミング体験ができます。
風通しが良くて夏でも涼しい家はどうしたらできるのか。そうした、昔ながらの家作りの知恵と最先端のハイテク技術を使った家作り・リフォーム建材を一堂に紹介。シアトルライフなど海外事情も含め、環境を意識した住まいのあり方を勉強しよう。
日本のフードシステムは、いつでもどこでも豊富な食べ物を入手できるように発達しました。その一方で、食品生産による水や土壌の汚染、食材輸送や保存にかかる膨大なエネルギー、容器包装ゴミや食品廃棄物など、環境保全が社会問題となっています。本コーナーは、食品企業と、食育や食文化に関する活動を展開するNPO・NGO、あわせて27の出展者で構成し、企業は環境問題への対応を「原材料をえらぶ」「加工する」「売る・運ぶ」「調理する・食べる」「リサイクルする」の5つに分けて展示しています。来場者とのコミュニケーションを深める「食のひろば」では、食と環境のつながりを実感いただくための情報発信を行います。
来るべきサステナブルな社会は、安心、安全、健康な毎日が、楽しく気持ちよくあたりまえにすごせる社会。そんな未来のためにデザインされた「カッコよくて」「美しくて」「楽しい」エコプロダクツをひきつれて、国内最大のデザインフェア「グッドデザイン・プレゼンテーション」が初登場。環境視点だけでなく、デザイン的にも魅力のある「エコプロダクツ」を会場にてぜひご覧ください。販売も行います。
竹は身近な里山に生育している、極めてなじみのある植物です。早春の味覚としての筍や竹で作られた台所道具など、かつて竹は日々の暮らしになくてはならないものでした。再生可能なバイオマス資源として、再び注目を集める竹を、循環型社会構築の視点から、その活用法を紹介します。
水素で走る燃料電池車、電気自動車、ハイブリッドカーなどがお台場を走行。究極のエコカーに実際に同乗して体験いただけます。また、ビッグサイト内では電動自転車やベロタクシーの試乗会も行う予定です。
協力会社:いすゞ自動車、出光興産、昭和シェル石油、新日本石油、宝酒造、東京電力、日産自動車、本田技研工業、ヤマハ発動機(50音順)
環境ポータルサイトgreenzでブログを執筆中のエコライフ実践者が、会場内を解説しながら案内します。より詳しくエコライフを知りたい人はぜひ参加しよう。
掲載期間は終了いたしました
↑ページのトップへ
サイトマッププライバシーポリシー