環境コミュニケーションステージ

今年も展示会場内特設ステージでは、多彩な著名人(大貫妙子さん、辻信一さん、AKKOさん)のトークや、ご家族の皆様で楽しめる環境寄席や劇・ステージショー、クイズが盛りだくさんです。環境系のディスカッションや、子供たちや地域からの発表もあります。近日、詳細のタイムスケジュールを公開します。(すべて参加無料、展示会の入場登録は必要です)
12月9日(木)
14:00〜14:45
12月10日(金)
12:00〜12:45
12月11日(土)
15:00〜15:45
大貫妙子さん 辻信一さん AKKOさん
大貫妙子[オオヌキ タエコ]
シンガー&ソングライター
1953年東京生まれ。73年、山下達郎らと「シュガーベイブ」結成、76年よりソロ活動。
以来、坂本龍一らをプロデューサーに迎え24枚のアルバムを発表、独自の色彩感を持つ静謐で暖かな作品を作り続けてきた。大自然から都会生活者の物語までを描く詩人であり、サウンドトラックをも書き下ろすメロディーメーカーであり、凛とした透明感溢れる声を持つシンガーである。また、ポップでコンテンポラリーなサウンドクリエイター/プロデューサーでもある。30年間の軌跡をまとめたCD「Library」を昨年発表。映像音楽作品も多く、98年「東京日和」で日本アカデミー賞最優秀音楽賞、最新作は「セサミストリート」エンディングテーマ。アフリカ、ヨーロッパ、南極など世界各地に足を運び、エッセイストとしても高い人気を得る。初の書き下ろし絵本「金のまきば」を今秋発表、現在、雑誌「クーヨン」「Arne」で連載中。毎年12月には定例コンサートを開催している。神奈川県葉山町在住。
http://www.toshiba-emi.co.jp/onuki
辻信一[ツジ シンイチ]
文化人類学者、環境運動家。明治学院大学国際学部教授。
「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。NGOナマケモノ倶楽部の世話人を務める他、数々のNGOやNPOに参加しながら、「スロー」というコンセプトを軸に環境=文化運動を進める。文化=環境NGO ナマケモノ倶楽部を母体として生まれた(有)スロー、(有)カフェスロー、スローウォーターカフェ(有)、(有)ゆっくり堂などのビジネスにも取り組む。「スローイズビューティフル」や今年九月に出版された「スロー快楽主義宣言」など著書多数。
AKKO[アッコ]
シンガー。
MY LITTLE LOVERのボーカルとして1995年にシングル「Man&Woman/My Painting」でデビュー。
これまで、16枚のシングルと6枚のオリジナルアルバムを発表。
シングル「Hello,Again〜昔からある場所〜」、アルバム「evergreen」は記録的なヒットとなり、プロデューサーでありメンバーでもある小林武史が目指す"POPS本来の、みんなが気軽に口ずさめ、決して飽きのこない楽曲"に、AKKOのボーカルが愛しさに溢れた表情を与え、多くの人々に愛されてきた。
2003年には初のライブツアーを成功させ、今後の活動に向けての大きなターニングポイントとなった。
本年2004年はデビュー10周年目を迎え、4月には10th Anniversary Single「風と空のキリム」、10th Anniversary Album「Self Collection〜15currents〜」をリリース。
ポップシーンにおける新たな扉への挑戦は続いていく。
また音楽活動と共に、二児の母としても日々発見、奮闘、修行中。
OFFICIAL HPで連載している、日々の生活を綴るエッセイも好評。
www.mylittlelover.jp


Copyright 2004 Ecoproducts 2004., all rights reserved.