SDGs Week
エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz
感染症対策先進ソリューション

主催者セミナー 11月27日(金)③

11月27日(金) 13:30-14:10

「健康・教育・観光分野での森林空間利用による都市と地方の共創」
~SDGs時代・New Normal時代を拓く『森林サービス産業』の提案~

  • 林野庁 森林利用課 山村振興・緑化推進室長、Forest Styleネットワーク事務局長木下 仁 氏

国連森林フォーラムは、持続可能な森林管理を通してSDGsの17目標のうち14目標の達成に貢献すると示しています。こうしたことから、我が国の国土の約7割を占め、多面的機能を有する森林は、SDGs時代における社会的役割も高まっています。こうした中で、林野庁では再生可能な木質資源の利用を通した「林業の成長産業化」と一体となって、豊かな森林空間を健康・教育・観光等として活用する「森林サービス産業」の創出を通した地方創生を提唱してきています。さらに、New Normal時代においては、自然豊かな地方でのテレワークや子育て等への注目は高まっており、ワーク(仕事・学業等)とライフ(余暇・生活等)の多様なシーンで、森の恵みを活かしたWell-Beingな生き方・暮らし方・働き方として「Forest Style」への注目も高まっています。そこで、これからの都市と地方の共創に向けた「森林サービス産業」「Forest Style」創出の最前線の動向をご紹介します。

スピーカープロフィール

木下 仁 氏

林野庁 森林利用課 山村振興・緑化推進室長、Forest Styleネットワーク事務局長

兵庫県生まれ
北海道大学農学部卒業後
平成4年林野庁入庁
平成18年山形森林管理署最上支署長
平成20年林野庁木材産業課課長補佐
平成24年広島県森林保全課長
平成25年広島県林業振興部長
平成27年林野庁経営企画課総括課長補佐
平成29年1月より現職

  • facebook
  • twitter
  • Instagram