エコプロダクツ展の特長新生エコプロの2大テーマ

エコプロダクツ展の特長エコプロ展の特長

Point 1 環境ビジネスに効く

「地球温暖化対策と環境配慮」「クリーンエネルギーとスマート社会」を2大テーマに、関連のプロダクツ、サービス、プロジェクト、つながりなど、様々な要素を集結させたダイレクトメディアとして、低炭素社会・循環型社会・自然共生社会―持続可能な社会づくりを日本と世界、そして未来へ発信します。

Point 2 環境コミュニケーションに最適

消費財や生産財、エネルギー、各種サービスまで、700社・団体が出展し、最先端の技術・製品や取り組みを紹介します。来場層はビジネスパーソンをはじめ、政官財界VIP、環境意識の高い生活者、NPO、未来を担う子どもたちまで、様々なステークホルダー17万人が来場。今年で18回目を迎えるアジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会です。

Point 3 世界へ、未来へつながる

出展者の出展目的はビジネスからCSR、ブランディングまで多様です。また、来場ターゲット層もビジネスパーソンから生活者や子どもたちまで多岐にわたっています。こうした幅広いニーズに応えるため、話題性の高い企画やセミナーの実施、日経グループのリソースを活用し、活発な商談や環境コミュニケーションを支援します。