出展者情報

西和賀デザインプロジェクト ユキノチカラ

岩手と秋田の県境に位置する西和賀町(にしわがまち)は、岩手県内でも一番の豪雪地帯として知られています。春の豊富な雪解け水によって美味しく育つ作物や牛乳を使った、食のブランド「ユキノチカラ」。このプロジェクトは西和賀町、町の事業者、岩手県内在住のデザイナー、北上信用金庫が連携し、デザインを活用した地域資源の魅力発掘と商品・サービスづくり、情報発信、人材育成などを進めていく取り組みです。

出展内容の分類

  • 農林漁業
  • 食料品・飲料
  • 金融・保険
  • 行政・自治体・関連団体
  • ネットワーク

企業情報

担当部署 西和賀町ふるさと振興課
住所 〒029-5512
岩手県 岩手県和賀郡西和賀町川尻40地割40番地71
電話番号 0197 82 3285
e-mail
URL http://www.nishiwaga.jp
英文社名 Nishiwaga Design Project YUKINOCHIKARA

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
西和賀町の自然が生み出す美味しい食をお楽しみください!
クリーム入りわらび餅「ゆきのようせい」、和三盆クッキー「ほろりん」、ミルクプリン「ゆきぼっこ」など雪をテーマにした商品群

事業内容

西和賀デザインプロジェクト「ユキノチカラ」とは

西和賀町では2015年9月より、西和賀デザインプロジェクト「ユキノチカラ」を実施しています。このプロジェクトは西和賀町、町の事業者、岩手県内在住のデザイナー、北上信用金庫が連携し、デザインを活用した地域資源の魅力発掘と商品・サービスづくり、情報発信、人材育成などを進めていく取り組みです。

よい素材をもっていてもその魅力を伝えるには知恵とデザインが必要です。初年度の2015年度は西和賀町の食品メーカー6事業者と、盛岡に拠点を置き活躍する6人のデザイナーが参加し、西和賀町の観光PRにつなげる商品とブランドの開発をおこないました。そこから生まれたブランドが「ユキノチカラ」です。

町の住民にとっては冬の活動の妨げになる雪も、西和賀の美味しい食べ物と豊かな食文化、雪遊びなどのアクティビティを生み出すには必要なものです。その雪の力をアピールし、西和賀町全体の魅力を伝えていくことを目的としています。

このプロジェクトの実施にあたっては、信用金庫のセントラルバンクとして様々な金融サービスを展開する「信金中央金庫」、岩手県内企業の商品開発をサポートしている「地方独立行政法人 岩手県工業技術センター」、グッドデザイン賞を主催する国際的デザインプロモーション機関の「公益財団法人日本デザイン振興会」が、ビジネス面とデザイン面で新規事業創出をサポートしていきます。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us