出展者情報

東京工業大学 長井研究室

すべての生命のエネルギーは、もとをたどれば光合成によって作られています。光合成の酸素発生は、小学生の理科でも取り上げられていますが、現在でも未解明の謎があります。これをまねた人工光合成は人類の夢の技術です。長井研究室では有機材料によって、可視光照射による酸素発生をによって世界で初めて実現しました。この技術による人工光合成への研究の道のりと、環境浄化触媒への応用を紹介します。

出展内容の分類

  • 食料品・飲料
  • 化学
  • エネルギー・発電
  • 教育・学習支援
  • 研究・学術成果発表

企業情報

担当部署 長井圭治研究室
住所 〒226-8503
神奈川県 横浜市緑区すずかけ台 R1-26
電話番号 045-924-5266
e-mail nagai.k.ae@m.titech.ac.jp
URL http://ime.res.titech.ac.jp/nagai_lab.html
英文社名 NAGAI LABORATORY, TOKYO TECH

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 使用時に省エネルギー・節水
  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
  • 製品・サービスの機能が環境を改善

環境学習・デモンストレーション

太陽光や室内光を利用して環境浄化、夢は人工光合成
金属を全く含まない光触媒。植物の葉緑体のように、外側で還元反応を、内側では酸化反応をおこないます。 (J-cat 膜型)

事業内容

東京工業大学長井研究室は横浜市すずかけ台キャンパスで、光エネルギーを利用する材料の研究を行っています。太陽光や室内光で悪臭物質を分解する有機材料からなる光触媒と、強いレーザー光を量子ビームに変換する材料を開発しています。この分野に興味をお持ちの小・中・高校生と教職員の方、研究したい学生、大学院生はもちろん、製品開発につなげたい企業の方の共同研究、さらに長井研の光触媒を使ってみたい方のご連絡をお待ちしております。

トップへ

follow us