出展者情報

東京環境工科専門学校

当校は、野外実習(フィールドワーク)や講義、演習などを通して自然環境保全技術者(レンジャー)を養成しています。学びの中心に位置づけられるフィールドワークでは、野外活動の基礎から、自然観察会の方法、野生生物調査法、自然再生法や野生動物管理法など、レンジャーとして最低限必要となる知識技術の習得を目指しています。本展示においては、フィールドワークのプログラムがどのようなものかを発表します。

出展内容の分類

  • 教育・学習支援

企業情報

担当部署 事務局
住所 〒130-0022
東京都 墨田区江東橋3-3-7 江東橋ビル
電話番号 03-5625-6400
e-mail tce@tce.ac.jp
URL https://tce.ac.jp
英文社名 Tokyo College of Environment
フィールドワークって、どんなことをするの?
フィールドワーク重視のカリキュラムで、自然の中で活動できる人材を育成します。
名誉校長 C.W.ニコル先生 は当校創設者の一人です。

事業内容

東京環境工科専門学校は、日本初の自然環境保全技術者養成学校として、1994年の開校以来21年間で1400名を超す卒業生を輩出しております。多くの卒業生が、自然環境保全にかかわる仕事や活動に従事し、北は北海道、南は沖縄諸島まで日本全国で活躍しています。

当校の教育においては、名誉校長C.W.ニコル先生の理念をもとに、フィールドワークに力を入れた教育を行い、卒業後はフィールドワークの即戦力として活動できる人材育成を行っています。

開校以来、2年制学科(自然環境保全学科や野生動物保護管理学科など)で教育を行ってまいりました。今後、自然環境における保全再生、野生動物との共存共生はすます重要性を増し、要求される知識技術が高度化する領域が想定されるため、平成26年度より4年制の高度自然環境管理学科【高度専門士コース】を開設いたしました。

それにより、自然環境保全分野の幅広い領域に卒業生を輩出することが可能となり、自然環境保全技術者の育成・輩出という社会的貢献を果たせるものと考えております。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us