出展者情報

ワールドエコロジーネットワーク

地球温暖化の点から世界的に注目されている「森林農法」と、それを実践しているメキシコの先住民「トセパン協同組合」の持続可能な暮らしを紹介する。そこで育まれる有機コーヒー・地域固有種のミツバチが作る貴重なハチミツを展示し、森林農法を支援するこれらの生産物の重要性とフェアトレードについても紹介する。

出展内容の分類

  • 食料品・飲料
  • 環境配慮・エコ活動
  • 国際協力

企業情報

担当部署 ワールドエコロジーネットワーク 事務局
住所 〒807-0052
福岡県 遠賀郡水巻町下二西3-7-16
電話番号 093-202-0081
e-mail info@windfarm.co.jp
URL http://windfarm.co.jp
英文社名 WORLD ECOLOGY NETWORK

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 環境情報を表示した製品・サービス
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
メキシコの森を守る森林農法とその森から生まれる有機コーヒー・固有ハチミツの紹介
メキシコの先住民組合「トセパン協同組合」は、森林農法の豊かな森で香り高い有機コーヒーを栽培している。写真はその収穫作業。
生物多様性豊かな森林農法がもたらす生産物の1つハリナシミツバチ(地域固有種)のハチミツ。子どもたちも一緒に採取を行う。

事業内容

ワールドエコロジーネットワークは、森を守る温暖化防止の面からも世界的に非常に注目されている「森林農法」と、それをベースに持続可能な地域づくりを行うメキシコ先住民族の生産者グループ「トセパン協同組合」の支援を行っている。パートナーであるトセパン協同組合が森林農法によって栽培している生産物をフェアトレードを通して日本に紹介し、森林農法の重要性と彼らの取り組みを広く知ってもらえるよう活動している。
森林農法の森は生物多様性が豊かでさまざまな生産物を育んでくれるが、現在フェアトレードで扱っているのは香り豊かな有機栽培のコーヒーと地域固有種の針のないハリナシミツバチのハチミツである。先住民の伝統的養蜂によってもたらされるこのハチミツは、、森にある多様な植物の花から集められたもので、森の豊かさを感じることのできる貴重なものでもある。

私たちは、現地を訪ねてトセパンとの信頼関係を築き、日本と彼らをつなぐ現地へのエコツアーを開催したり、森を守る活動に共に取り組むなど、ともに環境運動や社会運動にも取 り組んでいる。

豊かな自然を大切に、森を守る森林農法を伝え、有機コーヒーやハチミツのフェアトレードを通して、「助け合い」や「分かち合い」が幸せを広げるというメッセージが多くの方に伝わることを願い、活動を続けている。

トップへ

follow us