出展者情報

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト

東日本大震災によってダメージを受けた農業の復興、コミュニティ再生などを目指す【ふくしまオーガニックコットンプロジェクト】に関する展示を通して福島、いわきが抱える課題とそれに立ち向かう活動について伝えます。震災のこと、環境のこと、産業のこと…市内外の子供たちがコットン栽培を通して様々な学びを得ていることを伝えます。収穫された綿を使った人形「コットンベイブ」の製作体験教室にご参加ください。

出展内容の分類

  • 農林漁業
  • 繊維・衣類
  • 教育・学習支援
  • 環境配慮・エコ活動
  • 震災復興

企業情報

担当部署
住所 〒971-8101
福島県 いわき市小名浜字蛭川南5-6 タウンモールリスポ内
電話番号 0246-92-4298
e-mail the-people@email.plala.or.jp
URL http://npo-thepeople.com/
英文社名 FUKUSHIMA ORGANIC COTTON PROJECT

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
コットンベイブ。たくさんの人たちの心を繋ぐ私たちの活動のマスコットです。
福島県いわき市で農業復興のために、茶色い和綿を沢山の方と一緒に有機農法で育てています。
いわき市内外の小中学校で、子供たちがコットンを育てています。コットン栽培の裏側にある様々な課題も一緒に学びながら…。

事業内容

ふくしまオーガニックコットンプロジェクトでは、震災後のふくしま・いわきの農業の復興のために立ち上がったプロジェクトです。
原発事故によってダメージを受けたこの地で、環境に配慮した有機農法によって、在来種の茶綿を栽培するチャレンジを続けています。
2012年からスタートした栽培は、今年で5年目を迎えています。
原発事故の影響で未だに避難生活を送る避難者の方々もこの栽培の仲間に加わり、地域の農業者や地域外から応援にきてくださるたくさんの方々と一緒に畑で汗を流しています。
昨年は700kg近くのシードコットンを収穫し、製品として皆様のもとへ届けようとしています。
タオル、手ぬぐい、Tシャツ、そして避難女性たちが手作りするコットンベイブ。
商品製造においてもMade in Japan、オーガニックにこだわった過程を重視しています。
課題先進地となってしまった福島から、未来を創る!!
私たちは、この取り組みを更に前に進めるため、事業基盤を確たるものにしていく必要があります。
事業パートナーとして、コラボレーションパートナーとして一緒に新しい価値を生み出していく協力事業者様を募集しております。
体験コーナーも設けていますので、お気軽にブースにお越しください。
どうぞ宜しくお願いいたします。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us