出展者情報

日本野鳥の会

日本野鳥の会は日本最大の自然保護団体として、野鳥を通した自然保護活動や普及活動を行なっています。その中で、当会が現在重点的に保護活動を進めているシマフクロウについてご紹介します。シマフクロウが生きていくのに必要な「すむ森・食べる魚・子育てする大木」をどうやって保全しているのか、シマフクロウの生態や調査の方法から、シマフクロウ関連のグッズのご紹介もいたします。

出展内容の分類

  • 生物多様性
  • 環境配慮・エコ活動
  • その他

企業情報

担当部署 普及室 普及教育グループ
住所 〒141-0031
東京都 品川区西五反田3-9-23 丸和ビル
電話番号 03-5436-2622
e-mail nature@wbsj.org
URL http://www.wbsj.org/
英文社名 WILD BIRD SOCIETY OF JAPAN
世界最大級のフクロウ「シマフクロウ」を守る取り組みををご紹介します。
シマフクロウは現在日本に140羽ほど。まだ絶滅の淵にいるが、多くの保護活動の成果で少しずつ数が増えてきている。
現在、天然の木で繁殖できているシマフクロウはわずか2割。森づくりを行なうと同時に巣箱の設置も重要。

事業内容

日本野鳥の会は、1934(昭和9)年に創設された自然保護団体です。「野鳥も人も地球のなかま」を合言葉に、野鳥をはじめ、生きものと人が共存できる社会を目指し、調査・研究、普及活動などを行っています。現在、会員・サポーターは全国に約5万人。http://www.wbsj.org/

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us