出展者情報

アニマルライツセンター

畜産は環境に悪い影響を与えます。水を汚し、土を汚し、森林を破壊します。牛のゲップがメタンを発生させ、温室効果を大きくすることは、どこかで聞いたことがあるでしょう?
畜産と環境保護は両立しない。
新しいライフスタイルとして、肉を食べない食生活はいかがですか?
アニマルライツセンターのスタッフが、情熱を持って訴えます。

出展内容の分類

  • 食料品・飲料
  • 環境配慮・エコ活動
  • 温暖化防止

企業情報

担当部署
住所 〒150-0042
東京都 東京都渋谷区宇田川町12-3 ニュー渋谷コーポラス1009
電話番号 03-3770-0720
e-mail http://www.arcj.org/contact/
URL http://www.arcj.org
英文社名 ANMAL RIGHTS CENTER
畜産と環境保護は両立しない

事業内容

私たちは、動物への非倫理的扱いをなくし、動物が動物らしくいられるような権利と尊厳を守る活動を行っているNPO法人(特定非営利活動法人)です。
アニマルライツセンターは、1987年に、動物権利に関連する様々な問題を扱いたいと願うメンバーが集まり、東京神奈川を中心とした地域から活動を開始しました。
犬猫等の伴侶動物(ペット)の問題、人間の医薬や食品のためとして行われている動物実験の問題、食べ物にされる畜産動物の問題、衣類のために殺される毛皮や皮革の問題、人間の娯楽のために使役される動物園や水族館の問題など、主には人間の支配下に置かれている動物の現状を変えたいと願い、活動を続けています。

アニマルライツセンターの目的を達成するためには、人間が現在送っているライフスタイルを、より動物に思いやりのあるものに変えていく必要があります。
そのために、人々に動物の現状を伝え考えてもらい、そして人々の意識を変革する必要があります。
社会の仕組みも変えることになるかもしれません。

そうすることで、動物は尊厳をもって生きられるようになるでしょう。
しかし、それは人間にとってはほんの少しの譲歩でしかありません。
人間の暮らしが大きく退化したり、質が下がるものではありません。

私たちは、勇気と信念を持って、動物の尊厳を守るための提言を、社会に発信しつづけます。


動物が一日も早く、一頭でも多く、救われることを願って・・・・・

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us