出展者情報

トロムソ

もみ殻成形機「グラインドミル」及び非常用備蓄燃料としての「モミガライト」
グラインドミルは1haの田んぼから収穫されるお米のもみ殻を1日(約8時間)で処理し、1トンのモミガライトを製造します。
モミガライトは新たなCO2を排出しないクリーンな燃料です。

出展内容の分類

  • 農林漁業
  • 環境配慮・エコ活動
  • 温暖化防止
  • 国際協力
  • 震災復興

企業情報

担当部署
住所 〒722-2102
広島県 尾道市因島重井町5265
電話番号 0845-24-3344
e-mail info@tromso.co.jp
URL http://www.tromso.co.jp
英文社名 TROMSO

環境に配慮しているポイント

  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
もみ殻は地球が生んだ大切な資源 避難場所に お" いっと "かん
手の平にあるのはお米を大切にに包んでいたもみ殻です。このもみ殻を何とかしようと取組み、固形燃料にすることが出来ました。
この燃料を『モミガライト』と命名しました。
皆さまには非常用備蓄燃料としてご提案いたします。

事業内容

トロムソは、世界に誇る稲作技術から発生する多量のもみ殻の利活用を推進する事により、脱炭素社会に邁進することを事業目的としております。
今日、利便性の追及のみが受け入れられ、ボタン一つで思いのままにできることが重宝がられています。昔からの伝統を見失うもとになっている現状を憂い、身近なものを利用し、突然の災害においても対応できるよう日頃の生活に取り入れることが必要ではないかと考え、もみ殻の利活用に取り組んでいます。
現在、海外への取組みとしてアフリカの森林減少が著しいことから、JICA事業の案件化調査経て、普及実証事業をタンザニアにて行っておりタンザニアにてもみ殻を固形燃料にする装置が普及出来るよう頑張っております。

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us