出展者情報

萩原

間伐材を使った炭や、ラベンダー、しょうがを練りこんだ樹脂パイプの企画、開発、生産を
自社工場にて生産しています。
主に枕、スリッパの中材に使用しています。
今回はそのパイプ製造技術を生かして、消臭、耐久性に優れた畳表を取り扱っています。

出展内容の分類

  • 住宅・住宅設備・インテリア
  • 化学

企業情報

担当部署 樹脂加工部
住所 〒710-8501
岡山県 倉敷市西阿知町西原884
電話番号 086-465-6011
e-mail support@e-hagihara.co.jp
URL http://www.e-hagihara.co.jp/
英文社名 HAGIHARA

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
炭などを練りこんだ多機能パイプを開発し、除湿、脱臭、耐久機能をもった畳を展示。
間伐材を使った炭や、ラベンダー、しょうがを練りこんだ樹脂パイプ
現代のニーズに合わせた、多機能の畳

事業内容

当社は花ござ発祥の地である岡山県倉敷市で明治25年に創業いたしました。
日本文化の主役であった素材「い草」。
当社は倉敷が「い草」の主産地であったこともあり、創業時から「い草」をはじめとする「素材」にこだわりを持ち、品質を重視した敷物や座布団などのものづくりを通じてお客様のくらしに豊かさや心地よさをご提供しております。
近年では、お客様のライフスタイルが多様化していく中で、和室の空間も減少し「い草」に求められる形も変わりつつあります。
そこで当社は、長年い草事業で培ってきた織技術と以前から着手していた新素材開発によりポリプロピレン製の畳をつくり上げました。消臭成分や自社炭粉末などを配合し、新たな素材開発を探究し、お客様のくらしを快適にする畳を生み出しました。
優れた素材を作り出す情熱と技術、またその素材の良さを活かした高い商品開発力。萩原は素材からこだわりを持ち、お客様の暮らしに寄り添ったものづくりを続けています。

トップへ

follow us