出展者情報

秋田県

・秋田県内の環境リサイクル事業にかかわる諸施策や関連企業の取り組み事例の紹介。
・リサイクル関連の県外企業の県内進出や事業連携を検討する企業への支援制度の情報提供。
・秋田県認定のリサイクル製品の紹介。

出展内容の分類

  • 建設、建築・建材
  • 鉄・非鉄
  • 廃棄物処理・リサイクル
  • 行政・自治体・関連団体
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 秋田県産業労働部資源エネルギー産業課
住所 〒010-8572
秋田県 秋田市山王三丁目1番1号 秋田県庁第二庁舎
電話番号 018-860-2283
e-mail shigen-ene@pref.akita.lg.jp
URL http://www.pref.akita.lg.jp/
英文社名 AKITA PREFECTURAL GOVERNMENT

環境に配慮しているポイント

  • 廃棄時における廃棄物量を削減
秋田県内の環境リサイクル事業の取り組みを紹介。
エコプロダクツ2015に出展した際のブースです。県の施策を紹介するパネルや都市鉱山モニュメント等が展示されています。
秋田県認定リサイクル製品の実物も展示されており、実際に触ることもできます。

事業内容

秋田県資源エネルギー産業課で取り組んでいる施策についてご紹介します。

【環境・リサイクル産業集積促進事業】
「ふるさと秋田元気創造プラン」に基づく「戦略産業の創出」を推進するため、今後廃棄量が増加すると見込まれる製品等に関するリサイクルの可能性について調査・検討を行うとともに、助成制度等により雇用の拡大及び環境・リサイクル産業の活性化を図ります。
1.環境調和型産業創出育成事業
・石炭灰有効利用促進事業
石炭火力発電所等から発生する石炭灰の利活用を促進するため、コンクリート製品製造事業者等を対象にセミナー等を実施します。
2.環境調和型産業集積支援事業
秋田県内で発生する産業廃棄物の排出を抑制、減量化、リサイクル促進に寄与する事業を行う県内事業者、県内進出事業者に対し経費の一部を助成します。
→a.設備投資、b.研究開発、c.イベント参加、d.製品販売促進調査、e.普及啓発の費用の一部を助成します。
補助率:1/2(a.のみ1/3)、上限額はa.1,500万円、b.700万円、c.100万円、d.500万円、e.200万円
3.環境産業PR事業
秋田県内の環境・リサイクル産業及びリサイクル製品等を広く県内外にPRし、リサイクル製品の販売促進、県外企業の誘致促進等につなげるため、環境イベントへ出展します。
4.建設廃棄物リサイクル事業可能性調査事業
建設廃棄物の有効利用を促進するため、利活用の状況やリサイクル事業の可能性等について、調査・検討を行います。

【レアメタル等リサイクル資源特区推進事業】
平成23年12月に特区指定を受けた「レアメタル等リサイクル資源特区」について、持続可能な総合特区事業を構築するための事業を実施します。
・有価金属含有一般廃棄物リサイクル推進事業
金属資源が含まれているにも関わらず、処分されている不燃系廃棄物の再資源化を促進するため、不燃系廃棄物の処理の最適化に向けた調査・検討を行います。

【あきた企業立地促進助成事業(環境・エネルギー型、資源素材型)】
成長が期待される環境・リサイクル産業、省エネルギー・新エネルギー関連産業及び資源素材型産業の立地を促進するため、設備投資及び雇用奨励費を助成し、雇用の拡大及び本県経済の活性化を図ります。
→補助要件
1)設備投資額について操業時までの投下固定資産額が、土地取得費を除き3億円以上であること。
2)申請を行った日から操業後1年以内に、10人以上の新規常用雇用者があること。
→補助金額
1)補助率
・設備投資額100億円まで:15%(30人以上の雇用で5%加算)
・設備投資額100億円を超える部分:10%
2)雇用奨励費
・新規常用雇用者1名につき、年25万円(3年間)
3)限度額
上記1)2)の総額は最大40億円(新規常用雇用者数や研究施設併設など条件あり)

【がんばる中小企業応援事業(企業立地・雇用増加型)】
意欲を持って自社の競争力の強化を図ろうとする県内中小企業を「がんばる中小企業」に認定し、当該企業の新たな取組を支援することで、県内経済の活性化を図ります。
→補助要件
1)上記の認定を受けた中小企業で、設備投資額について操業時までの投下固定資産額が、土地取得費を除き1億円以上3億円未満であること。
2)申請を行った日から操業後1年以内に、5人以上の新規常用雇用者があること。
→補助金額
1)補助率
・10%(資源素材、環境・エネルギー分野など、特定の業種の場合5%加算。30人以上の雇用で更に5%加算)
2)雇用奨励費
・新規常用雇用者1名につき、年25万円(3年間)

ソーシャルメディア

Facebook

トップへ

follow us