出展者情報

東洋紡グループ

今年の当社グループのテーマは「EXPAND!TOYOBO」。環境活動を中心に出展します。
東洋紡グループは、人と地球にやさしい技術をとおして社会に貢献し、地球環境の保全を図り、次の世代に、住みよい地球と豊かな社会を残すよう努めることを環境理念としています。

出展内容の分類

  • 繊維・衣類
  • 化学
  • 容器・包装
  • 環境配慮・エコ活動

企業情報

担当部署 品質保証・環境安全部
住所 〒530-8230
大阪府 大阪市北区堂島浜二丁目2番8号 東洋紡ビル
電話番号 06-6348-3318
e-mail
URL http://www.toyobo.co.jp
英文社名 TOYOBO

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 使用時に省エネルギー・節水
  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
東洋紡の「EXPAND! TOYOBO ~広がる環境意識 広げる環境活動~」

事業内容

当社は、1882年に繊維会社として発足しました。創業者である渋沢栄一が座右の銘としていた「順理則裕」の企業理念のもと、130年を超える歴史の中で、「重合・変性」「加工」「バイオ」のコア技術をベースに「衣料繊維事業」から、「フィルム・機能樹脂事業」「産業マテリアル事業」「ヘルスケア事業」へと事業領域を拡大し、「高機能製品メーカー」へと変化を遂げました。
「フィルム・機能樹脂事業」は、さまざまな樹脂から異なる機能を持ったフィルムや機能樹脂を開発しています。フィルムは世界的にも珍しく、包装用と工業用の2分野の生産を行っています。包装用は、リサイクル原料や植物由来原料を使用したり、フィルムを薄くして、省資源・省エネルギーに努めています。工業用の一部では、重金属を含まない触媒を使った重合技術で原料の製造を行い、環境負荷を低減しています。機能樹脂は、ユニークな機能を加えることにより、自動車やIT機器などの幅広い分野で、軽量化や強度アップなどを実現しています。
「産業マテリアル事業」は、家庭用エアコンフィルターから火力発電所の排ガスフィルターまで、用途に合わせた浄化フィルターをはじめ、水に浮くほど軽いのに鉄より強い繊維、回収した有機溶剤を再利用する装置などを製造販売し、環境保全やCO2削減に貢献しています。
「ヘルスケア事業」は、病気の診断や検査・分析を迅速、正確に行う診断薬用酵素、
繊維技術を医療機器分野に発展させた分離膜、医薬研究で培ったノウハウを生かした医薬品製造受託、そして遺伝子設計、培養から酵素を利用した医療機器などの製造で次世代医療の発展に貢献しています。
「繊維事業」は、当社の長い歴史の中で、さまざまな繊維を扱ってきた経験により、その特長を知り尽くしています。通気性と保温性の両立、接触冷感、吸湿発熱など、素材の組み合わせにより、新たな機能性素材を開発し、クールビズ・ウォームビズなど、省エネルギーに貢献しています。
また、生物多様性保全の取り組みとして、「東洋紡みらいの森」(和歌山県)、「宮崎の森」(宮崎県他3県)の森林保全活動、各事業所で行っているクリーンアップ活動、各事業所内での野生生物が生息できる空間整備活動を行い、生物の生息環境の保全に努めています。
これからも「環境、ヘルスケア、高機能で、社会に貢献する価値を、創りつづけるカテゴリー・リーダー」をめざし、柔軟な発想と専門性の高い技術を組み合わせ、環境、医療、健康、快適へのニーズに耳を傾け、未来の暮らしを支えていきます。

トップへ

follow us