出展者情報

鐵鋼スラグ協会

「鉄鋼スラグ」は鉄鋼製造の過程で生まれる副産物で、路盤材やセメント原料、畑の肥料など幅広く活用されています。近年は海藻やサンゴの再生にも有用性が認められ、日本各地の海で大きな成果を収めています。今夏、鉄鋼スラグ製品で蘇った海藻の森が広がる長崎県壱岐島の海に、博物学者の荒俣宏さんが潜りました。「エコプロ2016」では、その様子をパネルやブックレットでご紹介します。

出展内容の分類

  • 農林漁業
  • 建設、建築・建材
  • 鉄・非鉄
  • 廃棄物処理・リサイクル
  • 震災復興

企業情報

担当部署
住所 〒103-0025
東京都 中央区日本橋茅場町3-2-10 鉄鋼会館5階
電話番号 03-5643-6016
e-mail http://www.slg.jp/contact/index.php
URL http://www.slg.jp/
英文社名 NIPPON SLAG ASSOCIATION

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
海で、森で、様々なフィールドで——今と未来が求めるエコプロダクツ「鉄鋼スラグ」

事業内容

鐵鋼スラグ協会は、鉄鋼メーカーおよび鉄鋼スラグ製品の製造販売メーカー20社によって1978年10月に設立されました。以来皆様のご指導ご支援のもとに、鉄鋼スラグ製品の品質改善、利用技術開発、公認化等の推進に努め、おかげさまでセメント用材、道路用材、土木工事、港湾工事用材、コンクリート用骨材などの幅広い用途に使用され、微力ながら社会基盤充実の一端を担うことができるようになりました。近年、地球環境保全の面から、環境負荷の少ないリサイクルに対する社会的要請が一層高まってきています。当協会は、鉄鋼スラグ製品を単なる天然資源の代替物としてではなく、その優れた特性を生かした付加価値の高い工業製品として、需要家の皆様にご使用いただきたいと願っております。そのために、リサイクルの先駆者としてこれまで養ってきた技術と信頼をもとに、引き続き一層の品質の向上、利用技術の開発および鉄鋼スラグ製品の安定供給に努力していく所存です。

トップへ

follow us