出展者情報

竹中工務店

耐火集成木材「燃エンウッド®」と木を使った耐震補強技術「T-FoRest®」を出展します。「燃エンウッド®」と「T-FoRest®」の模型展示や、「中郷会新柏クリニック」「江東区立(仮称)第二有明小・中学校」を始めとする活用事例をご紹介するとともに、ブース内で技術をわかりやすく説明するプレゼを行います。

出展内容の分類

  • 建設、建築・建材

企業情報

担当部署 木造・木質建築推進本部
住所 〒136-0075
東京都 江東区新砂1-1-1
電話番号 03-6810-5690
e-mail
URL http://www.takenaka.co.jp/
英文社名 TAKENAKA CORPORATION

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
森林資源の循環に貢献する建築分野での木材利用の事例を紹介します。
T-FoRestシリーズは、木を使った耐震補強技術です。このたび第13回エコプロダクツ大賞国土交通大臣賞を受賞しました。
中郷会新柏クリニックは、患者様の治療室を中心に木造・木質化した建物です。このたびウッドデザイン賞2016を受賞しました。

事業内容

竹中工務店では都市部の大規模木造建築の木造・木質化を進めています。心地よい木質環境を、都市・まちの中に実現すると同時に、国産木材利用を進めて森林資源の循環、森林サイクルの維持・拡大に貢献します。

現在、当社では実用化した2つの木造技術・商品の普及に努めています。一つ目は、耐火性能を有する木造部材“燃エンウッド”です。都市部での大規模な建物、多くの人々が集まる建物は、火災から人命や財産を守るために柱や梁に耐火構造という性能が求められます。燃えてしまう材料“木材”では、その基準を満足することが難しいため、これまで都市部での大規模木造建築は長らく実現されませんでしたが、燃エンウッドの開発・実用化によりそれが可能となりました。現在、6つの採用プロジェクトが竣工し、都内の学校施設での工事も進んでいます。

二つ目は木材を使って大規模な鉄筋コンクリート造等の建物の耐震補強を行う技術T-FoRestシリーズです。集成材という木質建材をブレースとして使用する方法と木でできた直交集成板CLTや単板積層材LVLを壁として使用する方法です。いずれも鉄筋コンクリート造の耐震壁を設けるなどの従来の耐震補強技術に比べて、短工期で騒音・振動も少なく費用もほぼ同等なります。

2つの技術を今後弊社のプロジェクトでも積極的に採用して参りたいと考えておりますが、これら技術の普及により社会全体での国産木材利用が推進されるよう、各々の技術使用について数社とライセンス契約をいたしました。開発した技術がひろく社会に貢献するおことを期待しています。

今後、さらに木材利用が進み、森林資源の循環が拡大するように大規模な木造建築プロジェクトに挑戦してまいりたいと考えています。

トップへ

follow us