出展者情報

新日鐵住金

新日鉄住金グループは、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、優れた製品・サービスの提供を通じて、社会の発展に貢献します。当社グループは「総合力世界No.1の鉄鋼メーカー」としての地位を揺るぎないものとするために、「技術力」「コスト競争力」「グローバル対応力」を徹底的に練磨しています。エコプロ2016では、その「総合力」の一端を環境・エネルギー分野に焦点を当ててご紹介します。

共同出展者

出展内容の分類

  • 生物多様性
  • 鉄・非鉄
  • 自動車・輸送用機器・関連機器
  • エネルギー・発電
  • 温暖化防止

企業情報

担当部署 環境部 環境リレーション室
住所 〒100-8071
東京都 千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビル
電話番号 03-6867-2564
e-mail http://www.nssmc.com/contact/
URL http://www.nssmc.com/
英文社名 NIPPON STEEL & SUMITOMO METAL

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 使用時に省エネルギー・節水
  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
  • 環境情報を表示した製品・サービス
  • 長寿命化
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
体感型の展示を多数そろえ、環境にやさしい鉄の魅力をわかりやすくご紹介します。
新日鉄住金の自動車用ハイテンは、とても固いので、燃費をよくするために薄くしても強度を維持し乗員の安全を確保できます。
新日鉄住金は鉄鋼生産の副産物である鉄鋼スラグと廃木材由来の腐植物質を組み合海の森づくりにも取り組んでいます。

事業内容

新日鉄住金グループは、常に世界最高の技術とものづくりの力を追求し、優れた製品・サービスの提供を通じて、社会の発展に貢献することを経営理念とし、製鉄事業を中核として、エンジニアリング事業、化学事業、新素材事業、システムソリューション事業の5事業を展開している。
【製鉄事業】
高い加工性・防錆性・溶接強度等が求められる高級鋼材の分野において、世界トップクラスの技術を持ち、鉄の加工技術・溶接技術に至るまで様々なソリューションをお客さまに提供している。製鉄事業の運営は品種事業部制で行っており、次の8事業部がある。
①厚板事業
船舶、橋梁、高層ビル等産業・社会基盤を支える大型構造物や、石油・天然ガス採掘用海洋構造物、タンク等エネルギー分野に使用される高機能厚板をお届けし、構造物の安全性向上及び社会の発展に貢献している。
②薄板事業
自動車、家電、住宅、飲料缶、変圧器等に使われる薄板をお届けし、生活や産業を支えている。グローバルに製造・加工拠点を有し、高品質・高機能な製品とサービスを国内外で提供している。
③棒線事業
自動車、建設、産業機械等幅広い分野に高品質・高機能な棒鋼・線材をお届けしている。自動車向けでは、エンジン、駆動系、足回り等の重要保安部品に使われるハイエンド商品に注力している。
④建材事業
H形鋼、鋼矢板、鋼管杭、レール等様々な土木・建築用鋼材を国内外にお届けし、幅広いニーズに応えることで、人々の生活を支えるインフラの整備と発展に貢献している。
⑤鋼管事業
石油・天然ガスの開発等、エネルギー分野で使われるシームレスパイプで、世界をリードしている。パイプライン用の大径管、自動車や建設・産業機械に使われる鋼管も得意分野である。
⑥交通産機品事業
鉄道車両用部品と自動車用鍛造クランクシャフトが主力製品である。車輪・車軸の国内唯一のメーカーである。グローバル展開も進めており、車輪・車軸は世界2拠点、クランクシャフトは世界4拠点で製造している。
⑦チタン・特殊ステンレス事業
チタンの軽く、高強度、錆びない特長を活かし、一般産業、建材、民生、航空機分野で世界をリードしている。特殊ステンレスは自動車、IT、環境・エネルギー分野等で、耐熱性・耐食性・加工性に優れた製品を提供している。
⑧ステンレス事業(新日鉄住金ステンレス(株))
世界初の錫添加鋼FW(フォワード)シリーズ、新型二相鋼等、世界最高水準の技術力を活かした、厚板、薄板、棒線等の幅広い高品質ステンレス商品を、すべての鋼材需要分野に提供している。
【エンジニアリング事業】
新日鉄住金エンジニアリングは、製鉄・環境・エネルギー関連のプラント分野における建設・施設運営から、巨大鋼構造建造物・超高層建築物・パイプライン建設等の多様な領域で、総合エンジニアリング技術を活かして、国内外で数多くのプロジェクトを手掛けている。
【化学事業】
新日鉄住金化学グループは、鉄の製造過程で得られるコールタールやコークス炉ガスを有効活用する石炭化学をベースに石油化学を融合した、世界でも類を見ない特長ある事業を展開している。近年はディスプレイ材料事業、エポキシ樹脂事業、回路基板材料事業の積極展開、高表面硬度透明基板「シルプラス®、UV・熱硬化性樹脂材料「エスドリマー®」、有機EL材料等の新規機能製品の需要開拓に努めている。またLIB電極、色素増感太陽電池向け新規素材の事業化も進める等、安定と成長の同時達成を目指している。
【新素材事業】
新素材事業セグメントを担う新日鉄住金マテリアルズは、鉄鋼製造で培った材料に関する知識及び構造体の設計・解析・評価技術をベースに、先端技術分野において欠くことのできない独創的な材料・部材を提供している。半導体・電子産業部材、産業基礎部材、環境・エネルギー部材の3分野を中心に、密接なコミュニケーションを通じてユーザーニーズをしっかり捉えながら、グローバルに事業を展開し、多岐にわたるマテリアルソリューションを提案し、社会の発展に貢献していく。
【システムソリューション事業】
新日鉄住金ソリューションズは、業務ソリューション事業、基盤ソリューション事業及びビジネスサービス事業を展開している。
業務ソリューション事業は、産業、流通・サービス、金融、社会公共、テレコム等の幅広い分野で業務アプリケーションに関するコンサルティングから企画、設計、構築を行っている。
基盤ソリューション事業は、標準化されたオープンなITインフラの構築とクラウドサービスの提供を行っています。
ビジネスサービス事業は、堅牢なデータセンターを活用した包括的ITアウトソーシングサービス等の情報システムの運用管理・保守サービスを提供している。

トップへ

follow us