出展者情報

環境省 環境技術実証事業(ETV事業)

環境省では、既に適用段階にありながら普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証する環境技術実証事業(ETV事業)を実施している。
本展示では、多様な関係者にこのような環境省の取組を知って頂くとともに、過去に実証された技術を紹介する。また、このような取組を実施しようとする事業者等に対して、様々なアドバイスを行う。

共同出展者

  • ゼネラルヒートポンプ工業
  • 竹村製作所
  • デクセリアルズ
  • 日本地下水開発

出展内容の分類

  • 情報通信・メディア・情報サービス
  • 行政・自治体・関連団体
  • 環境配慮・エコ活動
  • 温暖化防止
  • その他

企業情報

担当部署 株式会社 エックス都市研究所 サスティナビリティ・デザイン事業本部 新事業創出チーム
住所 〒171-0033
東京都 豊島区高田2-17-22 目白中野ビル6階
電話番号
e-mail etv-exri@exri.co.jp
URL http://www.env.go.jp/policy/etv/contact/index.html
英文社名 Ministry of the Environment

環境に配慮しているポイント

  • 環境情報を表示した製品・サービス
  • 製品・サービスの機能が環境を改善
ETV事業は、先進的環境技術の環境保全効果等を第三者が客観的に実証します
環境技術実証事業で実証を行った技術には、環境技術実証事業ロゴマークを交付しています。

事業内容

環境技術実証事業(ETV 事業)は、環境技術の開発者でも利用者でもない 信頼できる第三者機関が環境技術を実際の現場等で実証し、 その結果を環境省ウェブサイト等で広く公表することにより、環境技術の普及を支援する。
ETV事業により、利用者は、関心分野における技術の評価ポイントが分かり、漠然としたニーズを具体的な判断基準に明確化するための各種情報を提供するとともに、第三者機関が実証した信頼できる情報を使って、複数の技術を比較検討することができ、 安心して関心分野の環境技術を導入できる。
一方、環境技術開発者には、1.客観的な立場で技術開発分野の性能を利用者に提供することにより、利用者の知識不足や不安感を解消し、分野全体の市場拡大の障壁を除去できる。
2.保有する技術の環境保全効果等の情報を第三者機関が客観的に提供することにより、 利用者の知識不足や不安感を解消し、該当技術導入の障壁を除去できる。3.実証申請期間中に、専門家による実証技術への技術的なアドバイス等のサポートが受けられる。4.ETV 事業が行う展示会やシンポジウムなど事業PRに参画し、技術をPRする機会が得られる。といったメリットがある。

資料ダウンロード

トップへ

follow us