環境コミュニケーションスクール

環境コミュニケーションスクール

企画概要

名  称
エコプロダクツ2013会場内 「環境コミュニケーションスクール」(座席数:約60席)
会  場
東京ビッグサイト[東6ホール](小間番号6-905)
主  催
日本経済新聞社
受講対象
①総合学習の一環として環境問題を学んでいる学生(小中学生)
②企業・団体による環境への取り組みやCSR活動に関心のある生活者、企業・団体、官公庁・
自治体、NPO・NGO関係者、高校生・大学生など

ワークショップ時間割

時間 12日(木) 13日(金) 14日(土)
10:10~10:50 清水建設
「森を守る、木を活かす ~間伐(かんばつ)って何?~」
三井物産
「森の恵みと林業の仕事」
清水建設
「森を守る、木を活かす ~間伐(かんばつ)って何?~」
11:05~11:45 堀場製作所
「環境・エコのために必要な「はかる」とは?」
堀場製作所
「環境・エコのために必要な「はかる」とは?」
堀場製作所
「環境・エコのために必要な「はかる」とは?」
12:00~12:40 三井物産
「森の恵みと林業の仕事」
清水建設
「森を守る、木を活かす ~間伐(かんばつ)って何?~」
三井物産
「森の恵みと林業の仕事」
12:55~13:35 三井不動産レジデンシャル
「&EARTH教室~すまいのECOチャレンジ~」
三井不動産レジデンシャル
「&EARTH教室~すまいのECOチャレンジ~」
三井不動産レジデンシャル
「&EARTH教室~すまいのECOチャレンジ~」
13:50~14:30 東武鉄道・東武エネルギーマネジメント
「東京スカイツリータウン®の国内最高レベルの省エネルギー・省CO2達成の秘密」
東武鉄道・東武エネルギーマネジメント
「東京スカイツリータウン®の国内最高レベルの省エネルギー・省CO2達成の秘密」
自転車活用推進研究会NEW
自転車旅は楽しいぞ                        
14:45~15:25 自転車文化センター NEW
「自転車はなぜ人に地球に優しい乗り物なのだろうか?」
シマノ NEW
「Cyclingood!~自転車に関するちょっといい話~」

ワークショップ内容

自転車文化センターNEW

12日(木) 14:45~15:25

対象 中学生
タイトル 自転車はなぜ人に地球に優しい乗り物なのだろうか?
授業のねらい 自転車がなぜ地球環境や利用者の健康に良い乗り物であるかを解説します
授業の流れ
(所要時間)

写真1

写真2

▼【導入 2分】

多様な自転車の形式と利用方法の紹介

▼【自転車はなぜ効率の良い乗り物なのか?】(6分)

消費するエネルギー量・排出する二酸化炭素量・目的地到達時間などから検証

▼【自転車はなぜ地球環境に良いのか?】(6分)

大気層の働きとそこに含まれている二酸化炭素の役割から解説

▼【自転車の利用がなぜ健康に良いのか?】(6分)

心臓・肺が鍛えられ、高血圧対策によい理由を体内の酸素と二酸化酸素の動きから解説

▼【車体がエコな素材でどのように造られているのか?】(20分)

①鉄・アルミニウム・チタンの加工前の素材の違いを触ってもらい解説
②鉄・アルミニウム・チタンのフレームの造り・重さの違いを見て・持ってもらい解説
③鉄とアルミニウムの性質を身近な器具を使って解説
④素材がエコな理由を解説
⑤自転車の利用方法と素材との関係を解説
⑥素材と製造方法の違いを見てもらい解説
授業で使用する
資料・道具等
・各種素材で造られたフレーム(部分的にカットされて内部を見ることが出来る)
・鉄・アルミニウム・チタンの加工前の板
・鉄・アルミニウムで出来た身近な器具   
備考

シマノNEW

13日(金) 14:45~15:25

対象 中学生
タイトル Cyclingood!~自転車に関するちょっといい話~
授業のねらい 自転車は環境に優しいエコな乗り物であると同時に、健康にも良いということを理解する
授業の流れ
(所要時間)

写真1

写真2

▼【導入 5分】

自転車が環境に優しくエコな乗り物であることを紹介する
様々な乗り物が1㎞に排出するCO2(二酸化炭素)の量を比較し、自転車が環境に優しくエコな乗り物である理由を説明する

▼【展開 30分】

自転車と健康の話を中心に、以下の内容で話を進める
①自転車はどんな特徴を持った運動?
②自転車運動のフィットネス効果
③自転車をもっと楽しく

▼【まとめ 5分】

導入、展開の内容を振り返り、どのような話をしたかを整理する
授業で使用する
資料・道具等
ワークショップ終了時、希望者にCyclingood!冊子(8冊をクリアファイルに入れたもの)をお渡しする。
備考

自転車活用推進研究会NEW

14日(土) 13:50~14:30

対象 小学校高学年、中学生
タイトル 自転車旅は楽しいぞ
授業のねらい 自分の脚の力だけで、どこまでも行ける、自転車旅・サイクリングの魅力とノウハウをお伝えする。
授業の流れ
(所要時間)

写真1

写真2

▼【導入】

どんな自転車? 自転車の種類、選び方のポイント

▼【自転車旅の実例】

しまなみ海道(スライド)
大学時代のテント旅(スライド)

▼【自転車ツーリングのノウハウ】

 ①輪行の仕方(自転車分解、輪行袋に詰める)
 ②自転車旅のグッズ(自転車用のリュックや雨具など)
 ③中学時代の「自転車旅計画書」

▼【まとめ】

安全に気をつけて、無理のないスケジューリングを
授業で使用する
資料・道具等
ほぼスライドにて説明
それ以外に、自転車本体、輪行袋など、アイテムあり
備考

清水建設

12日(木) 10:10~10:50

13日(金) 12:00~12:40

14日(土) 10:10~10:50

対象 小学校高学年
タイトル 森を守る、木を活かす ~間伐(かんばつ)って何?~
授業のねらい 日本の森林の現状と課題について学び、健康な森をつくるために間伐が大切であることを理解する
授業の流れ
(所要時間)

写真1昨年の教室(講義)の様子

写真2昨年の教室(ワークショップ)の様子

▼【導入 1分】

今日学ぶことはこんなこと…

▼【現状と課題、間伐の大切さ 14分】

①日本の森林の現状と課題
 森林率、木材自給率
②森林の役目
 役目を果たすには森が健康でいることが大切
 健康な森の作り方
③間伐の意味とまとめ
④間伐材の活かし方(例)

▼【ワークショップ 20分】

①かんなの使い方~デモンストレーション
②間伐材でマイ箸を作ってみよう!

▼【片づけ 4分】

作業を終了し、机の上を片づける

▼【クロージング 1分】

自分で作った箸を大事に使ってください
今日はありがとう!
授業で使用する
資料・道具等
・「マイ箸」材料(国産の間伐材)
・「マイ箸」を削るかんな
・「マイ箸」制作用の治具   
備考 作業でかんなを使いますので、けがをしないようご注意ください

堀場製作所

12日(木) 11:05~11:45

13日(金) 11:05~11:45

14日(土) 11:05~11:45

対象 小学校高学年
タイトル 環境・エコのために必要な「はかる」とは?
授業のねらい 身の周りの「はかる」技術・道具を知るとともに、そこから「わかる」事がどのように未来につながっていくかを考える
授業の流れ
(所要時間)

写真1

▼【導入 5分】

①みんなの周りにある「はかる」
②「はかる」はナゼ必要か?
 (状況把握と目標設定、人の感覚との違いなど)

▼【はかる体験 25分】

― いろいろな空気をしらべる
①“色”でしらべる実験
②“数字”でしらべる実験
③「はかる」から「わかる」ことって?

▼【まとめ 10分】

①私たちの日々の生活は、見えないところで「はかる」
 に支えられていることを理解する
②環境・エコにつながる「はかる」技術を紹介
③こんな「はかる」(機械・道具)があったら…を記入してもらい、提出していただく
授業で使用する
資料・道具等
・実験用マシーン
・様々な空気のサンプル
・ガス分析用機器
備考

三井物産

12日(木) 12:00~12:40

13日(金) 10:10~10:50

14日(土) 12:00~12:40

対象 小学校高学年
タイトル 森の恵みと林業の仕事
授業のねらい 森の役割や日本の森林、林業の仕事及び「木を使うこと」の大切さを伝える授業を展開
荒廃した日本の森をゆたかな姿にもどすために必要なことを、画像や動画を活用しながら伝えます
授業の流れ
(所要時間)

写真1

写真2

▼日本の森林、森の恵みについて【10分】

日本は、森林率では世界第3位の森の国であること、また、森から、私たち人間が生きていく上で必要な、たくさんの恵み(木材、エネルギー、水、食料、防災、教育、文化)を受けており、森は私たちの暮らしと大きく関わっていることを説明。

▼森の仕事=林業について【30分】

豊かな森づくりのために、具体的にどのような作業を行っているかについて映像を交えながら説明します。
日本の森林のうち、約4割を占める人工林を健全な状態に保つためには、人が長期に手入れし続けることが必要であり、「植える・育てる・伐る・使う」というサイクルを維持して、豊かな森づくりをするためには、国産材をもっと使っていくことが重要であることを学んでもらいます。

▼三井物産の森、木を使う事例紹介など【5分】

授業で使用する
資料・道具等
・三井物産の森小冊子
・ヒノキの間伐材動物木片
備考

三井不動産レジデンシャル

12日(木) 12:55~13:35

13日(金) 12:55~13:35

14日(土) 12:55~13:35

対象 小学校高学年
タイトル &EARTH教室~すまいのECOチャレンジ~
授業のねらい 生活の身近なテーマを題材に、地球環境や住環境のことを知る
授業の流れ
(所要時間)

写真1

写真2

&EARTH教室の紹介

▼【導入 5分】

「みんなの生活と地球環境についての話」

▼【展開 30分】

「参加型紙芝居授業」
●地域コミュニティの大切さ
⇒挨拶の大切さを知る(世界の言葉で挨拶をしよう)
●自然エネルギーの有効利用
⇒太陽光発電や風力発電の利用を身近な実例で見る
●森林資源とみんなの生活
⇒間伐材の有効利用(世界の森林率クイズ)
●おいしいご飯ができるまで
⇒食べ物はどこから来るのかな?
●人と地球が仲良く暮す街
⇒これからの街づくり、地球の未来づくりの話

▼【ECOチャレンジシートの配布と説明 10分】

紙芝居で学習した内容を自宅のエコな取り組み繋げてもらうツールを配布
授業で使用する
資料・道具等
・間伐材ボールペン
 ⇒三井不動産グループの保有林の間伐材で作られたボールペン
間伐材の有効利用について知ってもらう
・ECOチャレンジシート
備考 紙芝居を中心に行う参加型授業

東武鉄道・東武エネルギーマネジメント

12日(木) 13:50~14:30

13日(金) 13:50~14:30

対象 小学校高学年、中学生
タイトル 東京スカイツリータウン®の国内最高レベルの省エネルギー・省CO2達成の秘密
授業のねらい 大規模開発での省エネルギー・省CO2対策の取り組みについて周知、理解を深めていただく
授業の流れ
(所要時間)

写真1東京スカイツリータウン®と特急スペーシア

写真2タウン内での学習風景

▼【東京スカイツリータウン® 10分】

東京スカイツリータウンの概要
地域冷暖房システムとは?
省エネルギー・省CO2 システム機器の概要
 1.最高レベル性能の大型熱源機器
 2.地中熱利用システム
 3.大容量水蓄熱槽

▼【DVD 東京スカイツリータウン® 地域冷暖房システム 5分】


▼【東京スカイツリータウン® その他の取り組み事例 10分】

東京スカイツリーライティングのLED化
太陽光パネル
屋上や地上の緑化
雨水貯留槽(雨水の多目的活用)

▼【太陽光発電事業(葛生駅隣接地)】


▼【質疑応答 5分】

授業で使用する
資料・道具等
備考