Exhibitor Information

booth No: E-20
恵泉女学園大学
Keisen University
  • Print

「生活園芸」-持続可能な環境と社会について考える授業と活動-

出展分野

大学・教育機関 

出展内容


 本学で実施している一年生必修科目「生活園芸Ⅰ」とそれを土台に発展させた授業や活動について。
 「生活園芸Ⅰ」は、環境負荷の少ない有機園芸で野菜や花を育てる授業です。そこで学ぶキーワードは「循環」「共生」「多様性」。人と人、人と自然の関係について学びます。その学びを土台に発展させた活動は多岐にわたっており、足元から環境を考えることにつながっています。
 この一連の園芸関連の授業や活動-園芸関連の専門科目や園芸関連ゼミ、園芸課外活動など-を通して、「持続可能な環境と社会」を担う市民を育成しています。その内容や成果を経験に基づき、学生自身が展示・説明をおこないます。