Exhibitor Information

booth No: 3-003
クボタシーアイ
KUBOTA-C.I. Co., Ltd.
Address 〒111-0041  東京都台東区元浅草2丁目6番7号マタイビル4階
Section 事業化推進部 ICCSグループ
TEL 03-5246-7852 FAX 03-5246-7884
  • Print
  • アポイント希望
  • URL

輻射天井パネルによる快適・省エネ冷暖房システムのご紹介


熱伝導性に優れた素材を使用することで、パネル表面の均等な冷却・加熱を実現した輻射天井パネル「Uponor Comfortパネル」

出展分野

建設、建築・建材 

環境に配慮しているポイント


・使用時に省エネルギー・節水

出展内容


◆◆◆◆◆◆◆天井が変われば、室内環境が変わります◆◆◆◆◆◆◆
 『輻射空調用天井パネルによる快適・省エネ冷暖房システム』

 震災以降の電力不足を受けて、省エネ技術や再生可能エネルギーの利用への関心が高まっています。プラスチックパイプ・継手メーカーのクボタシーアイでは、省エネで再生可能エネルギーと組み合わせ可能な空調システム、『輻射空調用天井パネル』をご紹介いたします。
 「輻射」とは電磁波によって熱が高い温度から低い温度に移動する熱移動現象のことで、『輻射空調用天井パネル』はその現象を利用しています。パネル内にプラスチックパイプが内蔵されており、パイプに冷温水を通水することで天井面が冷暖されます。これによる輻射効果で空調を行います。
 この輻射空調は、従来の対流式空調と比較すると次のようなメリットがあります。

①快適性:気流に頼らないので、送風音や気流感が少なく快適です。温度ムラも少なく、室内温度はほぼ均一になります。
②環境性:常温に近い熱源水(夏場16℃、冬34℃)を用いるので、消費エネルギーの低減による省エネが実現可能。地中熱や地下水、太陽熱等の再生可能エネルギーの利用も可能です。
③経済性:フィルターやファンが無いので、頻繁なメンテナンスの必要が無く保守管理費が低減します。また、冷温水の循環に使用するパイプには酸素の透過しない構造のプラスチックパイプを採用しており、機器のサビ発生を防ぎます。

 快適性と省エネ性を両立した空調である輻射冷暖房。室内の温度ムラ、気流感でお困りの方や省エネ・省電力の空調をご検討中の方は、是非弊社ブースにお立ち寄りください。