Exhibitor Information

booth No: N-07
A SEED JAPAN
A SEED JAPAN
Address 〒160-0022  東京都東京都新宿区新宿5-4-23
Section 未来生活now
TEL 03-5366-7484 FAX 03-3341-6030
  • Print
  • URL
  • Contact us

若者発、資源/金融/メディア企業への未来あるCSR提言・エコライフからミライフへ

出展分野

金融・保険 NPO・NGO(食と農) 

出展内容


消費者・預金者・視聴者としてできること,資源・金融・メディア企業としてできること。市民と企業が協働して創るこれからの経済のあり方を考えてみませんか?国際青年環境NGO・A SEED JAPANによる、「グリーンエコノミーの主流化」を考えるブースです。
先進国や開発銀行,多国籍企業が進めようとしている「グリーンエコノミー」なるものが問われていること。それは「環境を守ることを」を商品化してさらなる経済成長を目指すのか,世界中の人々が怒りの声を上げている「グリード(欲深い)エコノミー」のブレーキ役を目指すのか,ということです。途上国の理解を得るには「自社の環境負荷を下げ,環境商品を売る」だけなく,「生命を愛すること」を知る人々――先住民族や有機農業者など――に,敬意を持って「やり方」を教わることが必要です。そして,そのやり方をどこまでも尊重した上で,これまでNGOが担って来た「生物多様性や地域社会を守る」という役割を,先進国の企業が担う時代へと一歩を踏み出すことが求められているのではないでしょうか?
例えばマスメディアと市民メディアの協働を求める視聴者や,銀行の口座を社会性で選ぶ預金者の存在は,この10年で飛躍的に増えつつあります。有機農業をはじめとする環境保全型農業による地域活性化に取り組む地域も100を超えるに至りました。企業やNPOに求められる役割が変わりつつある今A SEED JAPANのブースでは,今までの「エコ」な生活から更なるジャンプを目指し,未来あるモノ・カネ・情報のライフスタイル「ミライフ」を紹介します。
●自分の今のライフスタイルは,はたしてどのくらい「生命を愛する社会」へと向かっているでしょう?ブース参加者にはもれなく小冊子「未来生活now」を差し上げます。
●全国の金融機関に対して実施した公開アンケート2012年度版を公表!メガバンクや地方銀行のCSRから,NPOバンクの取組みまで,社会を変える金融機関の「今」をお伝えします。