Exhibitor Information

booth No: N-76
国連UNHCR協会
JAPAN ASSOCIATION FOR UNHCR
Address 〒107-0062  東京都港区南青山6-10-11 ウェスレーセンター 3F
  • Print

環境に配慮した難民支援活動

出展分野

NPO・NGO(国際協力) 

出展内容


難民は生きていくために、調理や暖房用の薪を求めて、難民キャンプ周辺の木々を伐採してしまうことがあります。難民生活の長期化により、木々の伐採による環境破壊が進み、難民受入国に大きな負の遺産が残されてしまうことがあります。難民援助の一環として森林プロジェクトを1981年に開始しました。2006年は1年間で18万7586本が植林され、生育率は93.4%でした。10万人の難民や地元住民約15万2000人がその恩恵を受け、植林面積も2万2000ヘクタールと着実に広がっています。