本展のみどころ(主催者による企画)

エコプロダクツ展で
わかる! 発見する! 体験する!

環境に優しい技術やグリーンな生き方がもっと進むほど、もっと賢く優しい世の中になるはず。グリーンな人、スマートな生き方をする人がもっと増えるはず。生活者が日々の暮らしの中で、新しい未来像に必要なものを「選択」し、私たちの生活や社会に取り入れて行動していくため、エコプロダクツ展では未来の選択に必要な最新の環境情報を発信していきます。

ビジネスパーソン

最新情報を入手できます。ネットワークの構築も。
企業や行政・自治体、大学・研究機関、NPO・NGOまであらゆるセクターが、最新の環境技術やエコプロダクツ、環境への取り組みなどを紹介します。本展を通じて、最新の環境に関する情報を入手したり、様々なネットワークと出会うことができます。

子どもたち

環境問題に取り組む社会の動きが学習できます。
多くの出展者が子ども向けの展示を用意しています。知っていることは再認識でき、知らなかったことにもたくさん出会えます。環境問題の解決に取り組む社会の動きを、肌で感じ取ることができます。

ファミリー・学生

エコを体感し、未来を考える機会になります。
テーマ展示、著名人のライブトーク、エコカー乗車体験、専門家が会場をガイドするエコツアー、オーガニックレストランやエコグッズマーケットなど、楽しくエコを体感できる企画が目白押しです。

会場写真

会場イメージ図

ビジネスと環境の「いま」がわかる

1生活者のための Smart Community 2012

国内の各地域で実施されているプロジェクトをテーマ展示の形で紹介し、生活者にも身近なスマートハウスや省エネ建材、省エネ家電、EV、家庭用蓄電池など、主に住環境を中心とした「スマートコミュニティ」に関連する最新情報をわかりやすく展示します。
■主催:日本経済新聞社

生活者のためのSmart Community 2012 出展者一覧Smart Community 2012 ガイドマップ
エコプロダクツ2012会場内で「スマートコミュニティ」に
関する展示や情報提供を行っている出展者を紹介します。

2森林からはじまるエコライフ展2012

「豊かな森林」を育てていくためには、「森づくり」(森林・林業の再生)を進めながら「木づかい」(木材の利活用)も促進し、森林の循環を取り戻すことが必要です。このコーナーでは、様々な企業・自治体・団体の活動展示を通して、日本の「森づくり」「木づかい」の課題と展望を紹介します。今年は東北復興支援に向けて動き出した木材利用の取り組みや、世界中に広がる生物多様性保全に向けた森づくりキャンペーン「グリーンウェイブ」、森から海のつながりを紹介する展示も併設します。
■主催:美しい森林づくり全国推進会議、国土緑化推進機構

森林から始まるエコライフ展 2012 出展者一覧
詳細はこちら

3生物多様性ゾーン

今年10月に開催されたCOP11(生物多様性条約第11回締約国会議)の内容を踏まえながら、愛知目標の実現に向けた、企業・団体による様々な生物多様性保全の事例を紹介します。

生物多様性ゾーン 出展者一覧

4三井住友フィナンシャルグループ
  環境ビジネスフォーラム

エコビジネスの商談会やブース展示に加え、三井住友フィナンシャルグループ各社の「環境金融」への取り組みや環境ソリューションメニューを紹介します。
■主催:三井住友フィナンシャルグループ
■協力:三井住友銀行、SMBCコンサルティング

詳細はこちら

5eco japan cup 2012

被災地東北の復興支援につながる環境ビジネスをはじめ、アート作品、市民活動など幅広い分野で、『エコ復興』をスローガンに実施するコンテスト。会場では受賞作品の展示発表に加え、審査会も行う予定。
■主催:環境ビジネスウィメン、環境省、国土交通省、総務省、日本政策投資銀行、三井住友銀行

詳細はこちら

6環境未来都市ゾーン

21世紀の人類共通の課題である環境問題や超高齢化対応などに関して、これらを解決する成功事例を創出し、全国へ展開・波及させることで、持続可能な経済社会づくりを推進することが求められています。環境未来都市ゾーンでは自治体が各地域の特色を生かした先進的な取り組みを紹介します。

環境未来都市ゾーン 出展者一覧

7NPO・NGO/大学・教育機関コーナー

「NPO・NGOコーナー」では環境保全、環境教育など多様な環境活動を行う団体が出展し、活動紹介を行います。NPO・NGOと自治体、企業、市民、地域社会などとの新たなネットワークづくりやパートナーシップ創出をサポートします。「大学・教育機関コーナー」では、学術研究の成果発表から教育プログラムの紹介、学内外での活動など、出展校の幅広い環境活動を展示。参加者同士で情報を共有しながら、新しい環境教育を考えます。

NPO・NGOコーナーゾーン 出展者一覧
大学・教育機関コーナー 出展者一覧

8バイオプラスチックパビリオン

植物などの有機性資源由来の「バイオマスプラスチック」と、使用後に自然界の微生物の働きで分解される「生分解性プラスチック」を扱う素材、加工品、関連製品メーカーが多数出展、今年はタイのバイオプラスチック産業分野の協会も出展します。耐熱強度などの強化をはかった素材、製品、関連部品の展示もあります。

「環境」就職・進路相談会
※12月15日(土)のみの開催です。

環境の仕事を希望する学生・第二新卒の人には見逃せない「環境関連・集団OB訪問」イベント開催!現役の社会人と、「環境の仕事」について話してみませんか?30名の社会人カウンセラーがあなたの想いを受け止めます。
■主催:エコ・リーグ

「環境」就職・進路相談会

詳細はこちら

9プレゼンテーションステージ

エコプロダクツや環境技術の使い方・応用、製品開発から、社会貢献活動、エコな暮らし方のちょっとしたコツまで、幅広い知識を得られるステージです。

詳細はこちら

今日から始めるエコライフ

子供向け環境学習

11エコラボレーションプラザ

「地球のためにみんなでできること 今すぐ始めよう! 省エネアクション」をテーマに、刻々と変化する地球環境と暮らしとの関わり、省エネ家電のかしこい使い方、選び方を展示やステージ等で分かりやすく紹介。 さらに、みんなのエコごころを応援する体感型モニュメントにご参加いただけます。さあ、いっしょに考え、いっしょに省エネアクション!
■主催:東芝、日本電気、パナソニック、日立製作所、富士通、三菱電機、省エネ家電フォーラム


※イラストは展示イメージです

詳細はこちら

12ジュニアグリーンスクール

ジュニアグリーンスクール
参加企業や団体が行う環境活動を通して、楽しみながらエコを学ぶ特設テーマゾーン。 40分の体験型授業「エコプロ教室」と、活動事例を紹介する「ブース展示」によって、 小中高生を中心とした来場者に「気づき」や「発見」の情報を発信します。

詳細はこちら

●エコプロエコキッズ探検隊

小中学生向けの会場内ツアー。「3R」「食とエコ」「温暖化防止」などのテーマで、ガイドが案内します。子ども達が3つのブースを見学して、まとめを行う約1時間のコースです。

詳細はこちら

●自然観察会

公園を歩きながら、都会のなかに息づく生物多様性を実感する「自然観察会」。好評につき今年も実施いたします。自然観察指導員の皆さんがご案内します。この機会に、都市にもある豊かな自然を体験しましょう。

自然観察会
※イラストは展示イメージです

詳細はこちら

エコを体験する!

10自転車Eco学園

CO2を排出しないエコな乗り物である自転車の普及で、持続可能な社会の実現を目指します。自転車の歴史から、技術、社会的なルールやマナーまで、子どもたちに知って欲しい自転車の知識を、学校を模したブースで紹介する「自転車Eco学園」。子どもたちから大人、ファミリーまで、自転車の魅力を授業形式でわかりやすく解説。楽しみながら学べる「自転車検定」も体験できます。
■主催:エコサイクル実行委員会

自転車Eco学園
※イラストは展示イメージです。

詳細はこちら

●「電動アシスト自転車」試乗コーナー

急な坂道も問題なし。最新の電動アシスト自転車を実際に試乗できる体験型企画。
開催時間
12月13日(木)11:00〜16:00
   14日(金)11:00〜16:00
   15日(土)11:00〜15:00
※雨や荒天時(強風、降雪など)には開催を中止します。
※試乗には身長制限があります。

■協力:パナソニックサイクルテック、ブリヂストンサイクル、ヤマハ発動機(50音順)

詳細はこちら

13環境に配慮した「食」を楽しむ

●エコごはんとスイーツ
美味しいごはんとスイーツでほっと一息。今年もオーガニック食材や国産の旬な素材を使用した、オリジナルのエコ弁当、サラダ、スイーツ、ドリンクなど、こだわりの逸品が勢ぞろい。お弁当箱やマイカップとして繰り返し使用できる容器を使用した『限定メニュー』も、おススメです。


※イラストは展示イメージです

協賛:日本タッパーウェア、東罐興業

詳細はこちら

●エコごはんとスイーツ

●ハンバーグレストラン
食の安心・安全に配慮したハンバーグを楽しめます!

ハンバーグ

14グリーンストアーズ

グリーンストアーズ
楽しく快適なエコライフのヒントが詰まったマーケットが3日間限定で登場!ファッション、コスメ、生活用品、食品、フェアトレードなど、身近なエコプロダクツが揃いました。使うと省エネにつながったり、安心できる、エコライフ応援グッズ、ぜひお試しください。


※写真はイメージです。当日のものとは異なります。

詳細はこちら

5エコカー乗車体験参加無料

電気自動車やハイブリッドカー、燃料電池車など、魅力的なエコカーに同乗して有明周辺を約3km走行する体験型の企画です。

エコカー乗車体験

詳細はこちら

エコプロ ゴミゼロ大作戦
【私はいらなくなったけれど、きっと誰かが大切にしてくれる】家庭に眠っている衣類をお持ちください!衣類の回収・交換プロジェクトです。(靴やバッグ、アクセサリーなども対象です)
家庭用インクカードリッジをお持ちください。あなたの使ったカードリッジが各メーカーに帰り、リサイクルされます。
使わなくなった携帯電話を回収し、金属の再利用により得られた収益を保護団体に寄付することで、レアメタル採掘で絶滅の危機に瀕するゴリラを守ります。

詳細はこちら

エコがわかる!

エコツアー参加無料

●会場内エコツアー
ライフスタイルからビジネスまで、6つのテーマごとに会場内を回るエコツアー。これからの日本が、よりグリーンであるように、エコの最新動向や新しい視点を見つけて歩きませんか? 環境のスペシャリストが、会場内の見どころや巡り方のヒントを案内します。


詳細はこちら

●リサイクル工場見学会
リサイクルプログラムで中間処理をお願いしている高俊興業(大田区城南島)の工場見学会を実施します。廃棄物が品目ごとに手選別で分別され、再資源化ルートになるまでの工程をご覧いただけます。

リサイクル工場見学会の参加申込には、エコプロダクツ2012への来場事前登録が必要になります。来場事前登録終了後にマイページからリサイクル工場見学会への参加申込登録をお願いします。

※当日は東京ビッグサイトからバス(無料)での移動になります。
●日 程:12月13日(木)、14日(金)
●時 間:10:30〜、13:30〜
    (2時間程度、バスの移動時間含む)
●内 容:リサイクルプログラムの取り組みやリサイクル率等の
    説明、工場内見学、質疑応答

●海外来場者向けツアー
海外来場者向けに、それぞれの言語で会場内を解説するツアーです。
※詳しくは英語・中国語・韓国語の各ページをご覧下さい。

16環境コミュニケーションステージ

会場内の特設ステージでは、環境に関する最新の話題を、著名ゲストによるトークショーやライブで紹介します。環境保全への新たな取り組みや、サステナブルな暮らし方のヒントなど様々なエコ情報を発信します。

環境コミュニケーションステージ

詳細はこちら

17えらぼう未来を!
  環境・CSR報告書ライブラリー

社会に開かれた環境コミュニケーションのツールとして作られている環境・CSR報告書を実際に手に取って、各社・団体の環境ポリシーや環境配慮活動、環境保全への取り組みなどにふれることができます。環境報告書の閲覧コーナーや、読み方・活用ポイントなどを紹介するパネル展示など、情報収集の場を提供します。

環境・CSR報告書ライブラリー

■企画協力:CSR図書館.net
■ラウンジ協力:イケア

詳細はこちら

ECO-PRO Navi
エコプロダクツ展とは
過去の開催結果
環境への取り組み
ダウンロード
アクセス・宿泊