エコプロダクツ2011 出展者一覧 みどころ セミナー・シンポジウム ステージ アクセス・宿泊 GLOBAL
日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2011 12月15日(木)16日(金)17日(土)東京ビッグサイトで開催
関連メニュー
環境への取り組み
環境改善の11のポイント
エコプロダクツ展とは?
過去の開催結果
環境への取り組み
環境学習について
プレスの皆様へ
お問い合わせ
サイトマップ
環境への取り組み
年々出展企業や来場される方々が増えていく中、できるだけ環境に負荷をかけない展示会とするため様々な取り組みを行います。
CO2排出量算定
展示会で排出されるCO2の排出量を、会場・来場者・出展者・主催者4方向からデータを算出し、定量的に評価します。
オフセットするCO2量は、エコプロダクツ2011において主催者が行う活動(予定を含む)に基づき算出した、主催者によって排出されるCO2量としています。
昨年は、政府の国内クレジット制度を利用して432トンのCO2をオフセットしています。
国内クレジット制度の詳細は、こちらをご覧ください。
展示造作について
環境配慮ガイドラインの設定、エコ&デザインブース大賞の表彰
出展者に環境配慮した展示ブースの設計を行っていただくために、一般的な展示ブースの構成要素を7項目に分類したガイドラインを設定しております。ガイドラインでは可能な限りリース・レンタルシステムを使用し、新規に製作する場合もエコ素材の使用を推奨します。
また全出展者からこのガイドラインを基準としたチェックシートを提出をしてもらい、そのポイント数や自社の環境配慮点等を評価することに加え、デザイン性やわかりやすさなども考慮し、「エコ&デザインブース大賞」を表彰させていただきます。
リサイクルプログラム
やむを得ず廃棄する展示装飾物などのマテリアルを主催者で一括回収し、再資源化(一部サーマルリサイクルを含む)を行います。参加出展者には処理終了後にリサイクル証明書を発行し、リサイクル方法やリサイクル先を報告します。
リサイクルパンチカーペット(グリーン購入法適用)
主催者テーマゾーンほか、希望者が有料で使用する「エコパッケージブース」では、原材料の一部に再生ポリエステルを使用したリサイクルパンチカーペットを採用します。
会場内のゴミについて
エコプロ ゴミゼロ大作戦
場内のゴミは11分別し、ゴミの量を計量、運搬しやすいように圧縮して再資源化しています。
出展者の搬入・搬出に使用した段ボールもリサイクルします。
11の分別
リターナブル容器を使用したお弁当
主催者は会期中に多量に出るお弁当箱の空き箱のゴミを削減するために、リターナブル容器を使用したお弁当を利用します。出展者の皆様にもリターナブル容器のお弁当の利用を推奨します。また、会場内でもエコ弁当の販売を行う予定です。
配布資料や印刷物について
来場事前登録者の入場証のQRコード化
来場事前登録者の入場証をQRコード化し、来場事前登録者の携帯電話に送信します。携帯電話に保存されたQRコードを専用リーダーにかざしていただくことで、スムーズにご入場いただけます。
配布資料のPDFダウンロード
本展テーマゾーン及び出展者ブースで配布するチラシやパンフレットなどの印刷物の削減を目指し、電子データ化した資料のダウンロードサイトのURLをPCのメールアドレスに送信します。
環境に配慮した用紙や印刷技術の利用
環境に配慮した用紙や印刷技術の利用ポスターやチラシなどの印刷物は、リサイクルペーパーや、FSC認証紙などを用途に応じ使用し、水なし印刷なども
可能な限り利用します。
「間に合っています」マーク
「間に合っています」マーク来場した小中高生から寄せられた「エコプロダクツ展が、より環境に配慮した展示会になるためのアイデア」の中から、
「自分に必要ないモノはいただきません。という意思表示のマークを、会場内でつけて帰りに返却する」提案を今年も
採用します。
電力の使用について
グリーン電力
グリーン電力本展で使用する電力は、グリーン電力で賄い、バイオマスや風力、地熱、太陽光発電などの自然エネルギーを使用します。(計12万kWh相当)
LED照明器具
主催者テーマゾーンほか、希望者が有料で使用する「エコパッケージブース」では、消費電力が少なく、寿命が長いLEDランプを使用したスポットライトを採用します。今年は出展者にも利用を呼びかけます。
電力消費量の削減
環境の展示会であることから、会場内の電力使用量を前回よりも3割減らすことを目標にして、出展者の皆様にも協力をお願いしながら展示会運営を行います(例:会場内の照明を3/4にする、など)。
ページのトップへ